筋トレの常識を英語学習に活かす! - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

筋トレの常識を英語学習に活かす!

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

ぼくは実は筋トレが好きで、
時期を決めてはのめり込んで鍛えています。

そんな経緯もあり、
英語学習と筋トレのただならぬ密接な関係性について、
事あるごとに提唱してきました。

今回は、筋トレの常識をいかに
英語学習に活かせるか?
をテーマに書いています。

以下、英語学習に活かせる、筋トレ用語です。

1.「マッスルメモリー 」:
一度つけた筋肉は衰えても、
体が覚えており、短期間で同じ筋肉をつけることができます。

2.「超回復」 :
筋トレは毎日すると逆に筋肉がつかない。
筋トレ後、超回復(通常24~48時間)の期間は再度筋トレをしない方が、
効率的に筋肉がつく。

3.「ゴールデンタイム」:
筋トレ1時間後、又は就寝後1~2時間後に、
体が一番筋肉を作ってるらしい。
だから、この時間を狙った栄養摂取が効率的な
筋肉発達のカギ。

さて、それでは、上記の筋トレ常識を、
英語学習に当てはめてみます。

1.「英語学習マッスルメモリー 」:
英語学習、頻繁に・定期的にできなくても、
やればやるだけの価値はある。脳はどこかで絶対覚えているはず。
そして、一度身に着いた英語力は錆びついても、
やり直し学習の時は、割合早く過去のレベルまで到達する。

2.「英語学習超回復」:
毎日根をつめて学習するよりも、
週1なり、週2なり、休学習日を設けた方が、
脳の整理つきやすい。
ガチガチに学習するのは実は効率が良くない。

3.「英語学習ゴールデンタイム」:
栄養摂取とよく寝ることも英語上達の絶対的なカギ。
長期的にみて脳に良い栄養素としては、
納豆などの大豆食品良い。
しかも、納豆は寝る前に食べると脳の働きアップに効果あり。

実は上記の3つ、冗談ではなく、
ぼくが英語学習をしっかりしている時期、
常に気を付けていたことで、
それにより成果が出たと実感しています。

いかがでしょうか?

P.S. 健康であれば、当然英語学習もはかどります。
こちらの本、お勧めです。
石原結實先生の「筋力をつけると病気は防げる」

スポンサードリンク