英語力、英会話力を使って仕事(転職)をしたいあなたへのヒント - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語力、英会話力を使って仕事(転職)をしたいあなたへのヒント

スポンサードリンク

英語力を活かして仕事をしたい、語学力を活かして仕事をしたい、

そう思われている方は結構多いのではないでしょうか。

 

ぼくも、英語学習を集中的にしていた10数年前は、それを一つのモチベーションとして学習に励んでいました。

 

そして、今、ぼくは英語を使って仕事をしています。

そんなぼくの経験を踏まえて、英語を使って仕事をしたいあなたへのアドバイスです。

 

英語と仕事を考えた時、

1.英語自体を仕事にするか

2.英語を使って仕事をするか

この2種類があると思っています。

具体的な職業としては、

1.英語(会話)講師、通訳者、翻訳者

2.多種多様あります・・・。

 

今の時点で、あなたはどちらをイメージしていますか?

 

ぼくのケースをお伝えすると、ぼくは英語学習中、完全に1をイメージしていました。
そもそも、通訳者を目指していて、それになる過程として、英会話の講師をしていました。
しかし今は、通訳者でも英語講師でもなく、2の働き方をしています。

どちらが良いというのが論点ではなく、

ポイントは、“チョイスの多様性を知る”ことです。

 

英語を勉強していると、つい、ぼくがそうであったように、1のチョイスだけに縛られそうになりますが、

現実は、もっと自由です。

 

英語という言語自体をとにかく深く深く極めたいという学者肌の方は、1のキャリアを突き進むのが向いている可能性が高いですが、

そうでもない方は、もっと自由に考えた方がチョイスが広がります。

 

英語力というのは一旦横に置いておいて、それを考慮せずに、
シンプルに、
自分は何に興味があるのか、何か好きなのか(その分野にはどんな仕事があるのか)
を考えてみる。

 

英語から離れて思考する事で、チョイスが自由になります。
そうなると、英語力に固執して今まで見えていなかった世界が見える可能性が高まります。

 

又、その方が逆に自分の英語力が活きてくる場合も多いにあるのです。

 

今回は少し抽象的なテーマでしたが、お役に立ったなら幸いです。

 

p.s. こちらの記事も同じ内容としてお役に立つと思います。
『「パンク・ロックを聴いて、雷に打たれた思いがした」 イギリス英語をキーワードに活躍する川合亮平さん』
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kobayashiginko/20130306-00023763/

 

p.p.s.こちらのポッドキャスト番組にゲスト出演させていただいて、
同テーマでトークしていますので、お聞きください。
【英語を使えれば使えるほど稼げないわけ】
http://www.contentslab.net/2013/06/04/3496.html

 

同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
英語と収入の関係性 —英語学習を収入に結びつけたいあなたへのアドバイス—

 

*英語力アップの耳寄り情報更新中!
“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
「いいね!」クリック!

http://www.facebook.com/englishltd1

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、
以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク