1人でできる!英語ライティング練習法(IELTS, TOEFL, ビジネス英文メールもOK!) - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

1人でできる!英語ライティング練習法(IELTS, TOEFL, ビジネス英文メールもOK!)

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

むかしむかし、IELTS の勉強を

真面目にしていた時期がありました。

(注:IELTSというのは、おもにイギリスやオーストラリアの

大学、専門学校に入るために、外国人が受ける英語のテストです)

将来の選択として、海外留学を視野に入れていて、

結局、必要点数は獲得したものの、

その叶わなかったのですが・・・。

その時、自分で編み出した、

1人でできるライティング上達法をシェアします。

「IELTSにはライティングセクションがある、

1人でライティングを上達できる方法はないかしら」

と考えて編み出した方法です。

すごく単純で、誰にでもできる、

でも効果抜群です。

1.公式問題集の模範英文解答の文章(これはIELTSの事ですが、

ビジネスEメールなら、そのお手本となるようなメールに変えてくださいね)

を、英語1文につき、日本語1文という風に訳していく。

(その際、多少 ”てにをは” が変でも気にしない。翻訳ではないので)

2.訳した日本語を、英作していく。(英作の解答は、もちろん元の英文を参照)

3.全部の文を100%英作できるよう、繰り返し演習する。(ビジネスEメール練習の場合は、ここまで)

4.(IELTSの場合は)日本語もなしで、問題だけを見て、すべての解答英文を書けるようにする。

5.要は、模範解答(元の英文)を丸覚えするというのが、最終的な目標です。

この学習法の利点は、

1.1人でできる!解答があるので添削してもらう必要はありません。

2.語彙・構文力がつく。

3.(IELTSの場合は)テスト傾向を感覚で身につけることができる。

いかがでしょうか?

あなたが独自に編み出したユニークな学習法があれば

是非教えてください!

*Twitter, Facebook、どちらでもコメントお気軽に!

P.S. こちら、英語ライティングに慣れていない方におすすめの1冊。

お手元に置いておくと役に立つと思いますよ。

石原 真弓先生の「英語日記パーフェクト表現辞典」

スポンサードリンク