英語と収入の関係性 —英語学習を収入に結びつけたいあなたへのアドバイス— - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語と収入の関係性 —英語学習を収入に結びつけたいあなたへのアドバイス—

スポンサードリンク

英語と日本語のバイリンガル度が高いと、それに比例して収入が増えるか?

 

それは、一概にはいえないと思いますので、比例の相関関係はないと思います。

 

英語を勉強すれば、収入が上がると安易に考えている人は、もう少し深く考えた方がいいかもしれません(笑)

 

そこまで単純ではないと思います。

 

 

そんなあなたへアドバイスを2つ。

 

【その1】

 

母国語以外に、読める、聞ける、話せる、書ける言語があるということは、アクセスできる世界が広がる、これは間違えのない事実です。

 

その状況を活かすか活かさないかは、個人の行動力に関わってきますが、可能性として、

確実に、自分が出来る事の範囲は広がります。

 

といことは、仕事を選べる幅も増えます。

 

例えば、Aという仕事のポジションがあって、その条件が“英語をある程度読める事”だった場合、

読めない人に比べて、読める人の方がチャンスが広がるのは、だれにでも分かる事だと思います。

 

ただ、その事が直接収入の増減に関わってくるかというと、そうとも言えないと思います。

仕事選択の幅が広がる可能性は大きいが、それが大きな収入に結びつくかは、場合により様々、ということですね。

 

 

【その2】

 

英語の学習をなんとか収入に結びつけたい、と思っている人へのアドバイスです。

 

いわゆる一般的な“英語力を活かせる仕事”の収入というのは、その職業によって、ピンからキリまであります。

 

だからまず、自分はどこを目指しているのかによって、どれだけの収入を将来的に見込めるのか、が変わってくるのです。

例えば、通訳者は基本的に収入は比較的高いです。社内通釈としてフルタイムで働くと、収入は一定期間安定はします。

 

又、フリーランスの通訳者として働く場合は、良くも悪くも、その仕事量と質に比例した収入を得る事ができるのです。

だから、ひとつは、上記のように、自分の目指すべき職業をしっかり調べると、大体の収入が見えてくるはずです。

 

もうひとつは、自分の好きな英語をとにかく高める事。それでやり続けて、仕事を自分に合わせる、というやり方。

 

仕事に自分を合わせて学習するのがひとつ、そして、自分の突出した英語に仕事を合わせるのがもうひとつです。

 

例えば、発音がとにかく好きで、そこだけをがむしゃらに突き詰めてみる。

それで、突き詰めたその後、さて何かあるかと考えるんです。

 

自分が選んだ分野を極めるということは、ある意味、荒野を行くことで、前例が少ない、もしくはないことなので、

そこで尻込みする人もいると思いますが、

 

どんな分野にしても、突出した能力というのものには、何らかの需要があるものだと思っています。

そこを狙うんです。

 

例えば、上記の発音の例なら、もしかしたら、バイリンガルナレーターとか、発音教師とかの道があるかもしれません。

 

ただし、この場合でも、その仕事で大きな収入が得られるかどうか、それは誰にも分かりません。

 

ぼくの場合は、イギリス英語を話すバイリンガルである、といことと、イギリスが好きで(ある程度コネクションもあり、知識もあり)、その分野に情熱がある、という、ある意味で独自の道を歩んでいます。

 

その道を今もコツコツ耕しているんですけど、その結果、イギリス関係の取材とか、通訳とか翻訳とか、そういうお仕事に巡り会う事が出来ています。

 

自分の好きな分野で収入が得られているという事は、それ自体が非常に恵まれている事であると感じています。

 

 

いかがでしょうか?

英語とお金、という事に関して、少しでもお役に立てたなら幸いです。

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。

お金で英語力は買えるか?—英会話が上達する考え方のコツー

 

*英語力アップの耳寄り情報更新中!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。

「いいね!」クリック!
http://www.facebook.com/englishltd1

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、

以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク