英語に振り回されない自分を作る方法 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語に振り回されない自分を作る方法

スポンサードリンク

第二言語として英語がある程度できるようになった人の中には、

 

「ちょっと英語を話してみたい」、

そしてその為に、「ちょっと英語学習してみようかな」

という小さな気持ちからスタートしてる人が多くいると思います。

 

そういう意味で、そんな思いは、例え小さくても

とても尊いものだと思います。

 

理想的には、そう思って学習を始めた人が100%、

自分の英語の目標を達成できればいいと思っています。

 

でも、実際にそうではないことをぼくは知っています。

 

何故、目標半ばで辞める人が多いのか?

(学習を途中で辞める事も自由な意思なので、

ネガティブな意味合いのある「挫折」という言葉は

あえて使わないようにしますね)

 

理由は色々あると思いますが、

その1つの理由と対策について今回は書いてみます。

 

理由はズバリ、

「自分の“英語”をしっかり定義できていないから」

 

これは、学習を継続していくうえで大きなポイントです。

 

今更定義って英語は英語じゃないか、と思われるかもしれませんが、

実は、“英語”の定義・解釈は人それぞれだと感じています。

 

例えば、

 

―コミュニケーションツール

―映画を見る時の言語

―学問

―科目

―人生

―仕事で必要なもの

―お金儲けの道具

ーTOEIC

 

人それぞれ違うと思うんです。

 

そんな中、まず自分の英語の定義を見極めることが大切なんです。

 

なぜかというと、

 

自分の定義とは違う、人の英語の定義に乗っ取って学習をすると、

しっくりこないから、です。

 

しっくりこないと、面白くないから、

やーめた、となるわけです。

 

例えば、ぼくの英語の定義は、

 

「リズムと音と意味を通じて、個人的に又は複数で楽しむもの、自己表現するもの」

 

なんです。

 

ぼくにとっての英語というものは、音楽ととても似てるんです。

 

そんな、英語は楽しいリズムだと思っているぼくが、

 

「英語はツール」という認識で作られた教材で勉強したり

クラスに通っても、

なんか違うな~、となると思うんです。

 

ゴール、ベクトルが違いますよね。

 

そうなると、「学習をストップする」という

選択肢が浮かび上がってくるわけですね。

 

でもそれは、

絶対、学習者の責任ではありません。

 

その人が英語に向いていないわけでも、才能がないわけでも、

根気がないわけでも、努力が足りないわけでもありません。

 

学習者の英語の定義と、学習提供側の英語の定義が違う、

単なる認識違いです。

 

だから、そんなありきたりでつまらない理由で、

せっかくの英語学習への興味を削がれるのはとってももったいない。

 

まとめとしては、

まず、自分にとって英語とは何か、

(ちょっと硬いですが)

をしっかり考える。

 

そして、本来なら英語学習というのは基本的にはスムースに

楽しく進むはずなので、

 

もしそうでないとしたら、その講師、教材、クラスの英語定義

と自分の英語定義が違っている可能性が高い、

ということです。

 

世間一般の常識的な英語定義に流されないで、

自分の英語定義に沿った学び方を追求するのが正解です。

 

スポンサードリンク