失敗できない、恥をかけない、後悔したくない人は、英語は永遠に上達しない - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

失敗できない、恥をかけない、後悔したくない人は、英語は永遠に上達しない

スポンサードリンク

第2言語としての英語の流暢さを測る一つの目安は、

英語を英語のままインプット/アウトプットしているか、

ということだと思います。

つまり、英語コミュニケーション時に、
日本語を介していない、ということです。

バイリンガル(又はそれ以上)の人には同意いただけると思いますが、

脳の中の、英語活用領域と、日本語活用領域は
明らかに違う場所にあるんです。

よく、スイッチを”切り替える”という表現を使います。
英語ばかり話していると、すぐに日本語に切り替えるのが難しい。
そしてその逆もしかり。

脳の別の所を使っている証拠だと思います。

この事実は、英語学習の上で大変重要なポイントで、
ここから様々なヒントが得られるんですが、

今回フォーカスしたいのは、
英語脳(便意上、そう呼びます)と日本語脳の
”言語経験値の格差”について。

事実として、母語の言語経験値と、
学習中の言語の言語経験値には、格差があって当たり前です。

別の言い方をすると、
日本語の言語経験値に慣れている成人英語学習者は、
自分の英語経験値の低さを、極端に幼稚に感じる傾向があると思います。

特に学習を始めたばかりの頃は、

”英語の自分”の幼稚さに耐えられない、

もどかしい、

情けない、

というネガティブな感情が湧きあがる事もあると思います。

ぼくもそうでした。

結論から書くと、
その過程を経ない限りは英語は上達しません。
そのネガティブとも捉えられる感情は、英語上達には極めて重要で必要なものなんです。

ですが、成人学習者はそこであきらめるか、
又は、日本語脳をベースにしての、英語コミュニケーションに逃げている、
人が多いように感じます。

日本語脳をベースにしての英語コミュニケーションというのは、
簡単に書くと、
英語コミュニケーション中にやたら日本語が出てくる状態。

「えっと、あの、その」
「だから・・・」
「・・・でしょ?」

などなど。

まだ成長過程の幼稚な英語を発するのが恥ずかしいので、
日本語の手助けを必要以上に入れる、

その気持ちはよくわかるんですが、
繰り返しますが、それではいつまでたっても本当の意味での
英語力は付きません。

自転車が乗れるようになる過程で、
補助輪を外す過程が必ずあるのと一緒です。

特に成人学習者にとっては、
言うは易し、行うは難し、かもしれませんが、

英語経験値(英語コミュニケーション力)を上げる一番いい方法は、

常に、今の(幼稚な)自分の英語力そのままで勝負する、

何度も間違う、
何度も失敗する、
何度も恥ずかしい思いをする、
思い出したくもない経験を何回もする、

です。

繰り返しになりますが、
その過程を経ない限りは、確かな英語力は付かないと思います。

逆に、今、ある程度の英語力がある人は、一人残らず、僕も含めて
必ずそんな経験を踏んできているはずなんです。

ぼくはいまだに、そんな失敗を繰り返しています。
毎日自分の英語にダメだししてます(笑)

英語で取材した後は、ほぼ必ず
「ああ言えば良かった」
「あんな風に返さなければよかった」
「あそこは、上手く表現できなかった」
という反省事項、赤面事項ばかり、頭に去来します。

その過程は、自分の英語力の至らなさを確認する、
ある意味で、恥ずかしい過程なんですが、

その過程を踏むことで、又1歩、英語コミュニケーション力の
レベルアップが図れることをぼくは、身を持って感じています。

変なプライドを捨てて、

”等身大の英語の自分”

でコミュニケーションできるかどうか、

それが英語上達のカギです。

胸を張って間違った英語を話そう。

スポンサードリンク