秘伝:失敗しない英語教材の選び方 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

秘伝:失敗しない英語教材の選び方

スポンサードリンク

「この教材良いですか?」

 

企業で英語セミナーをしていると、非常によく受ける質問です。

 

ぼくの答えは一貫していて、

「わかりません」です。(笑)

 

別に意地悪で言っているわけではありません、

本当にわからないのです。

 

なぜわからないか、その理由が実は、

良い教材を選ぶコツに繋がっているので、

詳しく書いていきます。

 

まず、少し考えれば当たり前なのですが、

万人に良い教材というのはこの世の中にありません。

 

言い方を変えると、

その学習者がどんな英語を学びたいのか(身に付けたいのか)

によって、良い教材は変わる、ということです。

 

例えば、

アマゾンで1位、書店でも平積みで沢山並んでいる、

そんな英会話の本があったとします。

 

そんな本が、一般的に良いとされている本だと思います。

 

でも、例えば、学習者Sさんが、ビジネスEメール力を高めたいと

思っていたとすると、そのアマゾン1位の”英会話”教材は、

Sさんにとって、“良い教材”といえるでしょうか?

 

英会話とEメールライティングは、直接つながっていません。

 

ですから、Sさんの需要にはまっていない、という理由で、

良い教材ではないと思います。

 

この理論お分かりいただけますでしょうか?

 

需要と供給が直接繋がっているかどうかが、重要なんです。

 

つまり、良い教材の見極めは、

まず、自分がどんな英語を身に付けたいのか、

それを見極めることが第一歩なのです。

 

そして、その後、そのニーズを満たす教材を探す。

 

それでOK。

 

至極当たり前だと思うのですが、

この考え方が出来ていない人が本当に多いと感じています。

 

さて、

自分のニーズがわかり、いざ選ぶ段階で、

同じような内容の教材が複数ある。

これもよくあることですね。

 

どうしましょうか?

 

そんな時、その中からどれを選べばいいのか?

無責任なようですが、一番正解率が高くなるのは、

“直観”だと思います。

 

例えば、好きなアイドル・俳優はどのように選びましたか?

思考以前に、

直観(感情的な好き嫌い)がまずあったのではないでしょうか?

 

教材も同じだと思っています。

表紙のルックスで選べばいいんです。

評判がいくら良くても、コマーシャルでバンバンやってても、

自分に合わない教材は山ほどあります。

 

これは事実です。

 

自分のニーズを満たす、ルックスの良い教材は選べましたか?

 

では、次です。

 

上記の条件で絞り込むと、はまる率はかなり高まりますが、それでも、

まだ100%ではありません。

実際に手にした教材があんまりしっくりこなかったらどうするか。

それも十分考えられますので、その時の対策法を。

 

しばらく続けてみて、

それでも「なんか違う、面白くない、乗れない」感があるなら、

その教材は潔くあきらめましょう。

 

折角買ったのだから、最後まで歯を食いしばってやらなければ、

そんな気持ちもわかります。

これは日本人特有の律儀なメンタリティーですかね?

 

でも、余裕があるなら、

そんな自分に合わない教材での学習はキッパリ辞めるべきです。

 

教材は他にも山ほどある。

そんな中、

わざわざ自分と相性の良くない教材に時間を使うのは、

無駄意外の何でもありません。

 

ぼくの学習履歴を振り返ってみても、

この教材は良かった!メキメキ力がついた!

と感じる教材は、必ずしも一般的評判が良いモノばかりではないですし、

手に取った瞬間からいい感じがしました。

 

学習をしている時も、いい感じのフローを感じられていました。

一言で言うと、相性が良い、ということですね。

 

どれだけ“良い”とされる教材でも、

自分に合わなかったモノも沢山あります。

 

意外に真面目な(笑)、性格なので、

そんな教材でも、それこそ歯を食いしばって続けてはみましたが

(最後までやったのもあります)

 

まず、スムースに進まない、そして当然学習が面白くない。

最終的には、全部終えても、力がついた気がしない。

そんな経験もしています。

 

だから、今、あなたに伝えたいのは、

 

1.自分のニーズをしっかり確認する

2.教材はルックスで直観で選ぶ

3.合わない教材はきっぱり諦めて次を探す

 

これが、“川合式 良い教材の選び方”です。

 

中途半端に手を付けて、

本棚に眠っている教材がたくさんあるあなた、

そんなあなたのお役に立ったなら幸いです。

スポンサードリンク