あなたの英語はなぜ通じないのか? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

あなたの英語はなぜ通じないのか?

スポンサードリンク

英語を話していて相手から「えっ?」という対応が返ってきた事がある人。
ぼくも含めて、英語学習者の殆どの人が経験のあることでしょう。

原因は色々あると思います。
一概には言えませんが、しかし、

一般的に、“通じない英語”の大きな原因は、以下であると考えられています。

●単語の並び違い(文法)
●語彙の選び違い

しかし、本当にそうでしょうか?

実はぼくは、今までの様々な経験から、そうではないと思っています。
決定的な原因は他にあるのです。

絶対通じるはずの文法・語彙(場合によっては書かれたものを読むようなケースも)を使っているのに通じない。
ぼくも昔、そんな事が度々ありました。

特に、日本(日本人)と特別ゆかりのない、
外国に住む英語ネイティブスピーカーとの会話の時は、
通じないもどかしさを頻繁に感じていました。

日本では、日本に住む外国人とある程度流暢に英語で会話できていたのにもかかわらず・・・。

なんでなんだろう?
10年程前のぼくは真剣に悩んだものです。

そして、その原因を突き止めた時は、英会話力のブレークスルーを感じ、
英語スピーカーとしてまた一歩上に行けたような気がしたものです。

その原因とは、ズバリ「声量」です。

もっと単純に書くと、文法も語彙も正しいのに通じなかった時は、声が小さすぎた。
「通じない」は、単純に声のヴォリュームを上げることで解消できたのです。

これは嘘のような本当の話で、ぼくは後から知ったのですが、音声学的にも正しいアプローチのようです。

つまり、日本語と英語は、根本的に発声法が異なるのです。

いくら正しい文法・語彙でも、日本式の喉から発声法(つまり音量が小さい)では、
極めて通じにくい、
言い方を変えると、英語ネイティブスピーカーにとって極めて聞き取りにくい音になるのです。

先ほど、日本に住む英語ネイティブには通じた、という話題がありましたが、
つまり、そのような人たちは、”日本人発声での英語”での英語に慣れているから、
聞き取ってくれていた、という事でしょう。

でも、もちろん、そんな日本式英語発音なんて全く知らない、外国に住む、純(?)英語ネイティブには、
そんな英語では歯が立たないのです。

少し細かい事を書くと、英語は腹式発声の言語なのです。
お腹から息を“グワァ!”と一気に出すような発声の言葉・フレーズがとっても多い。

それに気づくまでの僕は、よりより英語スピーカーになるために、
英語ネイティブスピーカーから学ぶべき所として、
語彙やフレーズ、文法ばかりに気をとられていたのですが、

実体験を通して、この事実に気づいてからというもの、
“発声法”に重点を置いて着目するようになりました。

さきほど、英語スピーカーとしてのブレークスルーの話をしましたが、
その“発声法”に着目して、それを徐々に自分の英語に取り入れ、身に付けていく過程で、

今までとは比べ物にならないほど、自分の英語が英語らしくなったと感じています。
今まで通じなかった人に対しても、俄然通じるようになり、この経験は相当の自信となっています。

そしてそれを機に、自慢ではないのですが、
周りからも“何だかしらないけど、英語がむちゃくちゃ上手い人”
というありがたい評価をいただけるようになったんです。

文法や語彙のレベルはほぼ同じなのにもかかわらず、です。

発声法に気付き、意識して話すだけで、一気に通じる英語に変わる、
つまり、英語らしい英語に変わるということですね。

最後に余談ですが、厳密には、アメリカ英語とイギリス英語の発声法も違うはずなんです。
ぼくはイギリス英語の発声法を徹底的に真似をして練習しましたので、
イギリス英語を話します。
どのようにしてイギリス英語を話せるようになったのか?は、よく受ける質問ですが、
一つの答えとしては、
“イギリス人の英語を話す時の発声、呼吸に徹底的に集中して、自分の英語に取り入れた”
ということです。

知識はあるけど、なぜかよく「えっ?」が返ってくるあなた、
少し英語の声量を上げるだけで、見違える(聞き違える?)ほど通じるようになるかもしれませんよ。

是非お試しあれ。

スポンサードリンク