”英語は難しい”と思う人、必読です。 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

”英語は難しい”と思う人、必読です。

スポンサードリンク

今回のテーマは、

ずばり、英語学習・英語に対して、

「むずかしい」という言葉を使わないようしよう!

ということです。

実はこの言葉、英語学習の大敵であると、ぼくは考えています。

普段日常的に使っていて、
ドキッとされた方いらっしゃいますか?(笑)

そんな方は、
この記事を読んで、言葉を改めてもらうだけで、もしかしたら、
あなたの英語学習が今後スムースに展開していくかもしれませんよ。

では、なぜ、「むずかしい」、を使ってはいけないのか。

その理由をお教えします。

例えばこんなセリフをよく耳にすると思います。

「英語ってむずかしい」

「リスニングってむずかしい」

「むずかしい単語ばっかり」

至極普通のセリフのように響くかもしれませんが、

ぼくはこれらセリフは、思考停止の代弁であるととらえます。

「むずかしい」というのは、”現実からの逃げ”の表現であると考えています。

では、現実を直視した(英語を上達させていくのには、まず現実を知る必要があります)、

表現に代えてみましょう。

「英語ってむずかしい」
→英語の知識が足りない。

「リスニングってむずかしい」
→リスニング量が足りない。

「むずかしい単語ばっかり」
→その単語を知らない。学習量が足りてない。

いかがでしょうか?

むずかしい、と言った時点で、認めた時点で、
それ以上進展がないのですが、現実的な表現にかえると、

「じゃあ、何をすればいいのか」ということが明らかになると思います。

ポイントは、その状態、現象を、より厳密に言語化する、ということです。

曖昧な表現では、今後の進歩がないままです。

厳密な表現を使うと見えてくるのは、

英語は「むずかしい」のではなく、

単純に、学習時間が足りてない、その表現(語彙)を知らない、
だけ、ということです。

時間が足りなければ、コツコツ時間を足せばいい。
知らなければ知ればいい。

というのが解決策ですね。

それを実行するか、しないか。
むずかしい、という言葉とは次元が違います。

英語というのは、難しい・易しい、というよりも、
知っている・知らない、ものだと思います。

英語学習のプロセスは、ある意味、
「知ってる」ことを1つずつ「時間をかけて」、地道に増やしていく作業です。

英語、決して難しくはないんですよ。

(p.s. 難しいのは、英語自体ではなく、どのように”続けるか”の方ですよね。

スポンサードリンク