ぼくは英語ペラペラです。 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

ぼくは英語ペラペラです。

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

突然ですが、”自信を持つこと”ってとても大切だと思います。

何にしてもそうですが、自信を持って行うのと、
そうでないのとでは、実力が同じでも、
前者の方が好ましい結果が出ると思います。

当然、”英語を話すこと”についてもそれはいえると思います。

もしかしたら、「実力もないのに、自信なんか持てない」
と思われるかもしれません。

“TOEICの点数が~点だから”、とか、

”語彙が少ない”、とか、

”学生時代英語の成績がずっとよくなかった”、とか

自分の英語力を低く見積もる理由は、
はいてすてるほどあると思います。

ただ、”実力がない”というのは一体だれが決めたのですか?
と、ぼくはあなたに尋ねたい。

「客観的な判断で」、と思われるかもしれませんが、
その”客観”って一体具体的に誰なんですか、と。

もしかしたら、過去に自分の英語について、
ダメ出しされたとか、手酷い批判を受けた、
なんていう方がいるかもしれません。

又は、これまでのテストなどを通じて、
間違った問題の方ばっかりが印象に残ってしまっているのかもしれません。
点数が、“誰かが決めた基準”に満てないないのかもしれません。

でも、

誰にも人の英語をとやかく言う権利も資格はありませんし、
まして、それを言った人の判断が正しいという保証はどこにもないと思います。

根拠のない自信を持った自己判断で「英語ペラペラです!」
ってすごくカッコイイと思います。

誰が、「キミの英語はよくない」とか、
「キミはまだペラペラじゃない」なんて言えるのでしょうか?

自分をへこますだけの、
偽善的な意見には一切耳を貸さなくてもいいと思います。

ぼくのように(笑)

(もちろん、自分の英語力をを分析して
強化すべき部分はどんどん強化するべきだと思います)

結論としては、

「英語ペラペラ」かどうかは、人が決めるんじゃなくて、
自分が決めるものだと思います。

傲慢になろう、とか、嘘をつこう、
とか言っているのではなく、
自信を持った方が、上達も断然早いし、
学習も楽しくなる、といいたいんです。

胸を張って英語をしゃべりましょう!
自信のある英語には誰も何も言わないですから!

スポンサードリンク