英語理解に大切なのは知識か、それとも・・・? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語理解に大切なのは知識か、それとも・・・?

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

英語学習の方法・アプローチは、人によって大きく2つに分かれるかな、
という風に感じています。

頭でしようとする人と、
身体でしようとする人。

英語学習の道は、人の数だけあって、正解はないと思っていますので、
もちろん、どちらが正しいという事ではありませんが、

ぼくは、絶対的に後者なんです。

具体的には、

何かわからない英文があった場合、

文法解説をもとに、文法を論理的に頭で理解して、英文を理解するのではなく、

その英文が対応する日本文を確認するだkで、
あとは、とことん読むなり、聞くなり、話すなりして頭に刷り込みます。
何も考えずに(笑)

その英文と、それを使う状況を、身体を動かして、
頭にすり込む。

知識としてではなく、体感として会得する、というイメージです。

振り返れば小学生の頃は、
説明書を見ずにファミコンの新しいソフトをしてました。
早い話が、めんどくさがりなんです(笑)

学習と性格、色々なタイプがあると思うので、一概には書けませんが、

たとえば、今あなたが 、英語学習、煮詰まっているとお感じなのであれば、
頭と身体のバランスを考えると突破口が見つかるかもしれませんよ。

英語の知識は大切なんだけど、知識が先なのではなく、
経験値、体感値を重ねることで、知識は後から勝手についてくる、
そういう風にぼくは英語学習をしてきた、という話です。
(“知識”の部分、“文法力”“語彙力”に変えてもらっても同じです)

あなたはどうでしょうか?

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「脳をフル活用!自動で英語ができる自分になる方法」
http://englishltd.com/learing-method/mindset/10112012-1138.html

*「いいね!」をプッシュ!“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
100人“いいね”まであと一歩!
http://www.facebook.com/englishltd1

【川合が効果を実感した、おすすめ英語学習教材】
「英会話なるほど練習帳―50のフレーズで500通りの表現をモノにする 」
スティーブ ソレイシィ

スポンサードリンク