なぜ、川合は英語学習を継続できたのか? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

なぜ、川合は英語学習を継続できたのか?

スポンサードリンク

これまで、英語学習継続の秘訣は、

“やり方”ではなく、“あり方”である、という事を書いてきました。

復習すると、その“あり方”とは、

―モチベーション(目標)がある

―(英語、又は英語を絡む何かが)好き

―切迫感がある

です。

逆に書くと、上記に当てはまらない人は、
どれだけ良いとされる“やり方”があったとしても、
国内で英語学習を継続することは、極めて難しいと思います。

さて、では、ぼく自身はどのような“あり方”を持って
英語学習を継続し、今に至るのか。

実は上記全部に当てはまります。
(正確には、”あてはまりました”。学習を集中して継続していたのは、過去なので)

自己分析すると、だからこそ、当時はあれほどまでに
英語学習に集中的に取り組めたんだと思います。

なぜなら、
ぼくは、別に粘り強い性格でもなく、特別根気があるわけでもなく、
特別努力好きなわけでもないからです。

以下、詳しくみていきます。

【モチベーション】
15年程前のぼくの目標は、同時放送通訳者になることでした。
当時、通訳者の新崎隆子さんに憧れていました。
通訳者として食べていく!という強い気持ちで、毎日学習に励んでました。
(今通訳のお仕事はほとんどしてませんけど(笑))
(目標は途中で変更、全然OKだと思います)

【好き】
毎日毎日英語学習していると、
例えばNHKラジオ英語講座の講師(例えば、マーシャ・クラッカワー先生など)や、
英語雑誌(The English Journalなど)に、愛着が沸いて来て、
英語学習自体が楽しくなってきたのも事実です。
大変でもあり、楽しくもある、そんな微妙なバランスでした。

あと、好きな海外ドラマ、当時は米ドラマ「フレンズ」が大好きだったので、
それは純粋な楽しみとして(もちろん字幕なしで)トコトン大量に見ていました。

【切迫感】
大学を半年で中退し、何の能力も、経験も、コネもなかったぼくは、
これから生きていくために英語が絶対必要、英語能力を武器に生きていくしかない、
という風に、自分を相当追い込んでいました。

少し考えれば、いくらでも他に道はあると思うのですが、
当時は、極端な話、英語を学習することにしか生きがいを見いだせなかったですし、
そのようにわざと自分を追い込んでいました。

いかがでしょうか?

ぼくのように、”あり方”3つ全てに当てはまる人もいれば、
1つの人もいるし、2つの人もいますが、

国内で、ある程度英語能力を高めるに至った人というのは、
ほぼ100%、このカテゴリーに属していると思います。

逆に考えると、多くの人が英語学習に挫折するのは、
以上の3つの要素に当てはまっていないからではないでしょうか?

「やらないといけないから」

「なんとなく」

「上司に言われたから」

そんな理由で英語を初めて、挫折した人は沢山いらっしゃるのでは
ないでしょうか?それはある意味で当たり前だと思うのです。

歯を食いしばって英語学習に励むよりも、

”今回紹介した3つの要素に当てはまる自分を作る”

ことにまずは努力した方が、
結果的に、英語能力が高まると思います。

英語学習自体に努力するのではなく、
「英語学習を継続できる自分づくり」に、努力する、
ということです。

”やり方”をあれこれ探し、考えるより、
まずは、自分自身を掘り下げて、”あり方”を考えてみましょう。

スポンサードリンク