「英語力だけでは食べられない?」15年前の自分への激励 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

「英語力だけでは食べられない?」15年前の自分への激励

スポンサードリンク

今でこそ、自分の英語力を最大限に活かして、仕事(生活)しているぼくですが、

当然、そうでない時期も過去ありました。

英語力を活かして働きたいと思っても、

今に比べると、英語力、コネクション、テクニック、
度胸(実はこれがとても大切だったりする)、経験、全部足りなかった時です。

いわゆる「学習中」の期間です。

しかし、その時はその時で生きる事に必死なので、その時の自分でいけそうな仕事の面接をよく受けていました。

そんな時代(15年ほど前ですが)に、面接担当者や、周りの人からよく言われたセリフ。

「英語勉強中?学歴もないし、これからは英語だけできても食べていけないよ。英語プラスアルファ、何か身に付けないと」

当時よりも神経が図太くなった今ならしっかり反論できるんでしょうが、

その当時は、若く、社会経験も知識も今よりずっと少なかったので、そういわれるたびに実は結構傷ついたものです。

しかし、当時のぼくには他に何の当てもなく、これといったアイデアもなく、行動力もなく、極端ですが、英語学習にしか希望を見いだせなかったので、信念がグラグラ揺らいではいるものの、学習を続けるしか術がありませんでした。

さて、冒頭にも書きましたが、ぼくは今、ある意味で”英語で食べてます”。

高卒の学歴はあの当時と変わりませんし(今後も変わらないでしょう)、特別、英語プラスアルファ(資格など)の学習は全くしていません。

しかし、今、英語で食べてます。

つまり、15年前にぼくが散々浴びたセリフは完璧に間違っていたということです。

あの時、安易に人の意見を聞いて、取りたくもない資格を取らなくてよかった、
そのための時間を全部英語学習にあてることができてよかった、と心から思います。

人の意見を聞くな、という事ではありませんが、

これまでの経験から、ぼくが自信をもってあなたに伝えられる事は、

英語がそこそこ出来る人には、仕事がある、

英語がそこそこ出来て、中国語もそこそこ出来る人には、仕事がある、

そして、

英語”だけ”めちゃくちゃ出来る人にも、仕事がある、

ということです。

世間はとかく常識的な一般論をゴチャゴチャ言います、

でも一般論がどうであろうが、
結果的に、自分が好きな事をとことん極めた人はどんな時代になっても強い、
ということだと思います。

自分本位の学習が最強です。

スポンサードリンク