「聞き流すだけ」で英語は話せるようになるか? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

「聞き流すだけ」で英語は話せるようになるか?

スポンサードリンク

企業でセミナーをしていると、結構よく聞かれる質問なので、

こちらにぼくの見解を書きます。

 

まず、単刀直入に、答えは100%否です。

 

例えば、

料理の片手間で相撲中継を見ている“だけ”の人が、

力士として生計を立てられるか?

 

その答えが、100%否であるのと同じ理由です。

 

つまり、相撲が上達するためには、当然、

相撲の実際の練習が必要不可欠になります、

 

それと同じで、

英語を話すためには、話す練習自体が

必要不可欠なのです。

 

それがゼロでは、絶対話す能力は上達しません。

 

至極当たり前の事だと思うのですが、

質問が後を絶たないので(笑)、もう少し書きます。

 

誤解して頂きたくないのは、

リスニング練習はスピーキング練習に役に立たないのか?

というと、それも違うのです。

 

スピーキング練習がありきの、

リスニング練習は、会話力を高める大きな要素です。

 

掛け算と一緒で、

 

スピーキング練習の値に応じて、

リスニング練習が活きてくる。

 

スピーキング練習 x リスニング練習 =英会話力

 

スピーキングがゼロでは、

リスニング練習値を上げても、会話力はゼロのままです。

 

詳しくは割愛しますが、そのバランスがとても大切なのです。
“スピーキング練習・機会”があってはじめて、

“リスニング練習”が会話能力として還元されるんですね。

 

では、どんなリスニング練習が、

会話力アップに効果的なのか?

 

まず逆説的に、
“聞き流す”リスニング学習は、学習効率から考えると

極めて低い、と言わざるを得ません。

 

スピーキング練習にレバレッジをかけるリスニング練習ですが、

その条件は、“いかに集中して聴くか”だからです。

 

現状が、英語を日本語を介さずに聞き取れるレベルの人以外は、

“聞き流し”は、ほぼ効果のない学習だと考えた方がいいと思います。

 

“ほぼ”と書く理由は、日本語の落語を聞き流すよりは、

英語を聞き流した方が、英語力アップには“まし”というだけの事です。

 

いかがでしょうか?

今回は基本的な事を書いてみました。

 

結論としては、

“聞き流し”でも、“だけ”でも、会話力は上がらない、

ということですね。

 

しっかりたくさん話す、しっかりたくさん聴く、

それが会話力アップの王道です。

 

スポンサードリンク