この見極めで学習効果が上がる-その英語の知識は本当に必要ですか?- - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

この見極めで学習効果が上がる-その英語の知識は本当に必要ですか?-

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

「効率の良い学習」という言葉はあんまり好きではないのですが、
(理由:努力をしなくてもいい、という意味で捉えられる事が多いので)
あえてそれについて書いてみます。

“効率”を考えた時、
まず、英語に関する自分のゴールをしっかり決めるのが大切です。

その上で、英語学習の際、
ゴール達成に直接関係のない英語の知識、学習は全ていらない、と思います。

具体的に書きますと、「ちょっと英会話ができるようになりたい」
という目標を持っている方にとって、

いわゆる”英文法書”に書かれてあることは、95%、知っていても知らなくてもどっちでもいい事だと思うんです。

文法学習をどうこう言っているんではないです。
(基礎文法(中学文法)を頭に入れるのはとても大切だと思います。)

たとえば”5文型のメカニズム”を理解することとか・・・。
「ちょっとした英会話」のゴール達成に対して、それはいるのかいらないのか、という意味で。

そうではなく、「ちょっとした英会話」なんだったら、少々極端ですが、
会話でよく出てくる、挨拶のパターン、気分や感想を表現するパターン、質問のパターン、
なんかにターゲットを絞って、
それらをシッカリ聞く、シッカリ話す練習をする、
それが一番ストレートな学習なんです。

コアな部分だけをグワッ!とワシ掴みする感じです。

日本語の文法名称はいらない知識の場合がほとんどだと思います。
仮定法過去完了(仮名)とか。その言葉自体に英語力アップの要素は一切ありません。

常に今行っている英語学習(インプット)を、自分のゴール(アウトプット)を意識して取捨選択していく。

いる知識、いらない知識、の見極めが、本当の意味での効率学習を生むと思います。

*同じテーマで書いた記事です。こちらもご覧ください。
「英語学習は、HOWよりWHYの方が大切」
http://englishltd.com/learing-method/mindset/10082012-1073.html

P.S. ちなみに、「ちょっと英会話ができるようになりたい」あなたへ
川合の自信作「つながる英会話」がおすすめです。

【英語学習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB 】

スポンサードリンク