これが英語学習の王道だ!(英語学習とスポーツは一緒) - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

これが英語学習の王道だ!(英語学習とスポーツは一緒)

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。
スポーツや楽器の上達に練習が必要不可欠なように、英語上達にも練習が必要不可欠です。
これは動かぬ事実なんですが、その部分を知らない人が多いと、よく感じるんです。
練習をすれば誰でも英語ができるようになるんです。

最近の英語学習のトレンドとして、「~だけ」とか、「すぐに」というような思想のアプローチが多いですが(完全に売るためだけのフレーズですね)英語もスポーツと一緒で、毎日コツコツ練習するのが上達の王道です。

そして、
スポーツのルールは、英語の文法にあたると考えます。ルールを覚えるだけではスポーツが上手くならないのと同じで、文法を覚える、そして、試験の問題を解くことで英語は上達しない、と思います。

スポーツの審判になりたい場合(英語の研究家)は、ルールの学習(文法学習)自体に意味があると思いますが、そうでない場合、つまり、プレイヤー(英語を話す)であれば、必要最低限のルールさえ知っていればいいわけです。

ルールの奥の奥を勉強するよりも、フィールドに出てプレーした方が、当然うまくなるわけです。

例えば、英語が話したいのであれば、話す練習をするのが一番の近道です。体の筋肉を鍛えるように、英語筋肉を鍛えるんです。
英語学習を自転車に乗ることに例えると、ぼくが言いたいのは「自転車に乗って練習してください」ということなのです。
それにつきます。

若干極論になりますが、ぼくの印象では、多くの日本人英語学習者は、自転車に乗りたいのに、自転車に乗って練習していないのです。
その代わりに、自転車の説明書を丸暗記してみたり、チェーンの仕組みを勉強してみたり、中にはサドルのスポンジの成分まで調べている人もいます(笑)。

全然ダイレクトでない。

自転車の製造会社を創る(英語学校を立ち上げる)、又は、修理工になる人(英語の講師になる)ならそんな勉強もたまには必要かもしれませんが、殆どの人が自転車に乗ること自体が目標なのに、瑣末で必要のない事ばかり勉強している感があります。

自転車に乗りたいなら、とにかく自転車に乗ってひたすら練習して慣れるのが一番です!

唯一練習の前に知っておく事といえば、至極簡単な自転車の仕組み(中学生までに習う文法)くらいなものだと思います。

話さず、説明書(文法書・問題集)ばっかりやっていても、いつまでたっても話せないままだと思います!

最初から自転車に乗れる人はいません。英語も同じです。

補助輪をつけながら、転びながら、誰かに手伝ってもらいながらだんだん乗れるようになっていくのです。
方法は何であれ、まずはサドルにまたがる事から全てがはじまります。

英語学習も同じです!

特に、会話は話してナンボです!

スポンサードリンク