英語がうまくなりたいなら、日本語に気を付けよう。 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語がうまくなりたいなら、日本語に気を付けよう。

スポンサードリンク

徐々にですが、英語が思うように話せるようになっていく過程で感じたこと。

それは、日本語を話すときの言葉選びが、だんだん慎重になってきた、ということです。

詳しくはわかりませんが、英語を学習することで、言語そのものに対する感性が磨かれて、

その感性が日本語にも影響を及ぼしているのだ推測します。

 

そんな経験から思考をめぐらすと、実はその逆もしかりだな、という結論にたどり着きました。

つまり、日本語をしっかり話せている人は、英語の上達も早い(又はすでに上手い)。

言語への感性の問題です。

普段、惰性で日本語を使っている人、言葉が脳を巡らずに、いきなり口から出てきてるようなイメージの人(笑)

自分の中での思考を経て出てきた言葉ではなく 、普段身の回りにあふれている言葉を、外から借りてそのまま使っている感覚。

そんな人は言葉への感性が鈍く、英語を学習する時も、英語という言語を表面的にしかとらえられないので、英語が自分の中に深く入ってきません(つまり学習効果が薄い)。

本当の意味で使える英語(相手に自分の意図が十分に伝わる英語)に落とし込めない。

話すときも、気持ちが入っていない、浅くて表面的な英語アウトプットになってしまいがち。

話を元に戻すと、より深く英語という言語に入っていくためには、普段から、自分の日本語に気を付けることが大切だと思います。

具体的には、

自分の今使っている日本語は、自分の気持ちを正しく表現しているか、していないのだとすれば、どんな言葉を使えば、より自分の気持ちに忠実なアウトプットになるのか、形容詞を足せばいいのか、副詞を足せばいいのか・・・。

と考えながら、思考しながら日本語を話す癖をつけることです。

借りてきた言葉をそのまま使うのではなく、自分の中から紡ぎ出した言葉を使うのがとっても大切だと思うのです。

その”言語生成プロセス”は日本語も英語も同じで、その部分を鍛える事は、日本語で出来て、英語にも活きてくるのです。

意識して、大切に日本語をアウトプットする習慣のある人は、英語アウトプットにも深みが出てきて、より相手に伝わる英語になるはずです。

それは、語彙や文法を超えた、気持ちの部分ですが、意識して大切に使われた言葉というのは、絶対相手にも伝わるはずですから。

日本語のセンスを高めて、英語力も高める。

 

ぼくも日々気を付けている事です。

スポンサードリンク