英語を学んで何か得があるのか? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語を学んで何か得があるのか?

スポンサードリンク

英語学習は1にも2にも継続がカギです。

それで、継続するために色々対策を練るわけですね。

 

よく言われるのは、継続するためには目標があればいい、ということです。

 

それはその通りだと思います。

ぼくも通訳者になるという目標に向かって、

日々学習が継続出来ていましたし。

 

目標や願望にはそれだけ強い力があるんですね。

 

まあ、それはそれでいいのですが、

英語学習を継続するネタはあればあるだけいいので、

目標・願望系だけではなく、

別の角度からも検証してみたいと思います。

 

目標や願望は途中で弱まったり、変わったりする可能性が常にありますからね。

 

そこで、“英語学習自体に価値と意味を見出す”

というアイデアもあるんです。

 

普遍的なものなので、意味を見いだせれば、

客観的な変化に惑わされず、学習を続けられますからね。

 

そこで、その価値を見出すきっかけとして、

次のような考え方はどうでしょうか?

 

英語を学習する、すなわち、英語が出来る自分になる、ということは、

単刀直入に、“自分をもう1人作ること”、だと考えるんです。

 

マンガ好きの人に言葉を変えると(笑)、

コピーロボットを入手する、ということです。

ワクワクしませんか?

 

第2言語を身に付けるということは、脳科学的な見地からも、

頭の中にもう1人の自分を作る、ということなのです。

 

つまり、自分が2倍になる、ということです。

 

人生におけるチャンスが2倍以上、

チョイスも2倍以上になる、と思っています。

例えば、仕事だけを例にとっても、それは明らかですよね?

 

モノリンガル、モノカルチャーの人に比べて、

個人の選択の結果、バイリンガル、バイカルチャーになった人は、

単純に、見ることの出来る世界が2倍以上に広がると思うんです。

(それを活用するかしないかは、本人次第ですが)

 

ぼく自身は、英語を話す自分を軸に生活していますので、

極端な例かもしれませんが、

“もし”英語を話す自分がいなかったら(バイリンガルではなかったら)、

自分の人生は、それはそれは味気ないものになっていたんだろうな、と

容易に想像がつきます。

 

浅い考えからモノリンガルがだめで、バイリンガルが良い、

と主張しているのではなく、

 

英語学習をしている人で、くじけそうになっている人は、

そのような視点を持つことで、

今一度、学習熱を燃やせるのではないかな、と思うんです。

 

又、頭の中にもう1人の自分を育てる(文字通りですが)という

意識で学習に望めば、

安易にインスタントな成果を求めなくなり、

それが結果的に、長期的な学習継続に続くという良い事も起こります。

英語学習初心者の人は、「3か月位で映画を字幕なしで見たい」などと平気で

言いますからね、

それは1歳の子どもが逆上がりするのを期待するようなものですよ。

 

出来なくはないけど、時間がかかるんです。

英語も人の成長も。

 

長期的な観点で、自分をもう1人育てる、

育っていく過程で自分の視野がどんどん広がり、

体験や経験も2倍以上に増えていく、

そんなワクワクするイメージで英語学習してみてはいかがでしょうか。

 

コピーロボット、欲しいですよね?

 

スポンサードリンク