英語学習、上手くいく、いかないのは、ここがポイント part3 ~切迫感はあるか?~ - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習、上手くいく、いかないのは、ここがポイント part3 ~切迫感はあるか?~

スポンサードリンク

続きコラムの3回目です。

英語学習が上手く進むポイントは、”あり方”であって、”やり方”ではない、
英語がある程度出来る人の共通点は、”あり方”である、という内容です。

今日は、2つの”あり方”です。

それは、

「英語を使う(なければならない)切迫感がある」

火事場の何とか力といいます。
人間の潜在能力は計り知れませんが、要はその力を無意識のうちにどれだけ活用できるかどうか。

意識的に活用できないなら、本能的に活用させてしまおう、という“あり方”です。

英語が嫌いでも、学習時間がなくても、
とにかく、使わないとにっちもさっちもいかない状況に置かれて、
英語力を高めた人は実は結構多いのです。

本当の意味での「サバイバル英語」というものだと思います。

「サバイバル英語」というと、何となく雑で、少しネガティブな感じもしますが、
ぼくは、そのようには思いません。
サバイブさえできれば、そして、本人も周りもそれが気にならなければ、
きれいな英語とか正しい英語を使う事に何の意味もありません。
仕事でも日常でも。

そういう意味では、今そこまでの危機感がない方で、なおかつ学習中の方、

―英語学習に集中できない、身が入らない
―上達している気がしない

という感想をお持ちの方は、実は、今取り立てて英語学習しなくても良い状況なのかもしれません。

どこかの英会話学校の広告が、
“将来英語は役に立つ”
“今やっておけば安心”
と謳ったとしても、その時は、永遠に訪れないかもしれない。

貴重な時間を、興味もない英語、面白くもない英語学習、そしてぼんやりとした未来への恐怖をかき消すために使うのはもったいない、という気がします。

仮に、“その時”が来たとしても、それは“その時”に、切迫感という本能を使ってガムシャラに、サバイブするために学習すればいいのではないでしょうか?

逆に、どうしても“今”自分を英語学習を奮い立たせたいのであれば、あえて自分をそんな切迫感のある状況にしてみるのも一つの手かもしれません。

あなたならどんなふうに自分を追い込みますか?

スポンサードリンク