英語はツールなんかじゃないと思う。 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語はツールなんかじゃないと思う。

スポンサードリンク

普段、言葉(日本語と英語)を使って、
又は、言葉自体の事を考えるような仕事をしているので、

自然とインプット、アウトプットする言葉に敏感になっています。

話し方や使う言葉でその人の事が大体わかる気がしますし、

多くを語らなくても、たとえ短い一言でもその人の複雑な気持ちが明確に見える、
そんなことも日常茶飯事に経験しています。

普段から言葉と真摯に向き合っている人、言葉遣いが丁寧な人は、

英語を話すときもより伝わる英語になると思います。

それはいわゆる英語力を超えたものだと思っています。

そんなぼくが気になるのは、

「英語は単なるツールだからツールとして使いこなせ」

みたい風潮、思想。

ぼくは、英語(言葉)というのは、個人的な感情や思想を、
外に対して提示するものだと思っています。

気持ち(ハート)と言葉は繋がっていると考えています。

”気持ち”、”言葉”、単語は違いますが、同じモノだと思っています。
両方とも自分に属するもの。極めてパーソナルなものです。

そんな風に考えるので、英語=ツール、という発想にすごい違和感を覚えます。

なぜなら、ツールというのは自分の外側にある、自分とは別のものですよね。

そして、”使いこなす”という言葉の中には、
何か少し乱暴な意味合いも含まれているような気がするのはぼくだけでしょうか。

極端な例えかもしれませんが、自分本人は高みの見物で、
無味乾燥なツールでコミュニケーションをとっているイメージです。

ということで、

英語をツールとして考えている人の英語には
気持ちがこもっていないのではないか、と思う訳です。

こちらが生身の右手を差し出して握手を求めているのに、
相手は”ツール”であるプラスチックのマジックハンドで握手に応える(笑)

そんなイメージです。

結論としては、英語はツールではないと思います。

英語は言葉であり、言葉は感情であり魂、それはつまりは、自分自身だと思います。

言葉を大切にするということは、つまり自分を大切にする、そして相手も大切にする、ということなんだと思います。

人と人とのコミュニケーション(英語でも日本語でも)において、本当に重要なのは、ツールを使いこなして上手く立ち回る人ではなく、生身の感情で相手に接する人だと思います。

スポンサードリンク