バイトと英語力の関係 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

バイトと英語力の関係

スポンサードリンク

 

皆さんはバイトをしたことがありますか?

 

 

学生時代はバイトに明け暮れたという人も多いと思います。ぼくもその一人です。

 

バイトをする目的は何でしょうか?色々あると思いますが、ほとんどの人は“バイト代”を稼ぐためだと思います。

時給、日給にある程度の差こそあれ、バイト代を稼ぐ原理はどんな人でも一緒だと思います。

 

つまり、バイトに入れば入るほどバイト代が増す、

 

ということです。

 

 

そんなこと当たり前なんですが、この原理が英語学習と英語力にも当てはまると最近気づきました。

 

つまり、学習時間(バイト時間)を増やせば増やすほど英語力が上がるということです。

 

これも当たり前だと思いますか?

 

これも至極当たり前に聞こえるかもしれませんが、

 

英語学習者の中には、

 

● 法外なバイト代をくれるバイトを探すばかりで、結局いつまでたっても理想のバイト代がたまらない。

 

● バイトをしても長続きせず、すぐ止めてしまう。それで結局いつまでたっても理想のバイト代がたまらない。

 

人が非常に多いように感じるんです。

 

 

 

結論から書くと、法外なバイト代(英語力)をもたらしてくれるバイト(ツール、教材)は、ありません(笑)。

 

 

そして、逆の意味で法外な低いバイト代(英語力)しかくれないバイト(ツール)も、まあ、ないといっていいと思います。

 

 

 

つまり、解決法はたった一つ、理想の額をためるまで、バイトをコツコツ続ける。

 

 

理想の英語力を手に入れるまで、コツコツ学習を続ける。

 

 

逆の言い方をすると、どんな人でもコツコツ続ければ、理想の英語力は手に入ると思います。

 

スポンサードリンク