幼児・子どもと、英語(英会話)の関係—子どもをバイリンガルにする方法— - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

幼児・子どもと、英語(英会話)の関係—子どもをバイリンガルにする方法—

スポンサードリンク

ぼくは英語ペラペラです(笑)

基本的に、小さい頃に、英語を集中的に学習した経験はありません、英会話教室にも通っていません。
今の英語力は、すべて成人になってから身につけたものです。

 
そんなぼくから、「自分の子どもをバイリンガルにさせたい」と思われている親御さんへのメッセージ。

まず知るべき事実は、英語力=英語に触れた量、で決まる、ということ。

 

例えば、週2回、50分の英会話レッスンに通ってるが、何年たっても、それだけではペラペラにはならないのは、

その人に語学の才能が無いわけでも、教材に問題があるわけでもなく、触れている時間がそれだけでは足りないのが、決定的な理由です。

 

だから、まず考えるべきことは、子どもでも大人でも、英語の量の確保、なんです。

それを前提に考えた時、親が子どもをバイリンガルにする方法は2つあると考えています。

 

1つは、子どもに継続して圧倒的な量の英語を提供する(例えば、インターナショナルスクールに継続して通わせる)

これは、非常に単純なロジック。

 

人生の一定期間、英語環境にほりこまれれば、自然に英語が身に付きます。

しかし、この選択肢は多くの人にとっては現実的でないのではないでしょうか?

 

それで、多分、多くの方が、習い事感覚で、近所の英会話教室に子どもを通わせている。

それ自体は全然良いと思うのですが、知るべき事は、それだけで子どもは英語が話せるようにならない、ということです。

 

繰り返しになりますが、量が決定的に足りない。

では、どうすればいいのかというと、

親が子どもをバイリンガルにする方法の2つめなんですが、現実的に、その子がある程度自立した段階で、本人の意志で英語に触れてもらう事を期待すること。

 
独学するのか、留学するのか、選択肢は色々ありますが、“本人の意思で”というのがキーワード。

本人の意志で英語の学習に前向きに取り組む事ができれば、その子はほぼ100%、ある程度の英語力を身につける事ができるでしょう。

だから、親としては、その子の将来のそういうポジティブな可能性を育ててあげるのを最優先にする。それが、将来的に子どもをバイリンガルにすると思っています。
例えば、5歳の子どもが、イヤイヤ、泣く泣く(笑)、週1回の英会話教室に通わされている、

そんな状況があった場合、

その子は、今、英語力が身に付かないばかりか(量が決定的に足りないので)、

英語というものに対してネガティブな想いを持ってしまう可能性があり、

将来自分で学習しようという気持ちの芽も摘んでしまう事になりかねないのです。

 
このロジック分かりますでしょうか?

子どもを英会話教室に通わせる事、それ自体は決して悪い事ではないですよ。

まとめると、

子どもをバイリンガルにする、ということは長い目で見ることが非常に大切。

親として現実的な、最善の策としては、その子に“英語”に対して、ポジティブな印象を持たせてあげる事。

よくわからないけど、英語ってなんか楽しそうだぞ、という。

 

それは必ずしも、英会話教室に通う事ではなく、英語の歌を楽しむとか、ただ単に英語ネイティブスピーカーと楽しく遊ぶとか、親が楽しく英語学習をしている、というような事でもいいと思います。

そうすることで、将来その子が自主的に英語を身につけたいと思うようになる確立が上がります。
それは、意識的なものだけではなく、潜在意識にも入っていると思います。

英語学習をする時、“自分の強い意志”ほど強い味方はありません。

同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
最初に英語に触れる時【子ども英語教育熱に物申す】

*英語力アップの耳寄り情報更新中!
“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
「いいね!」クリック!

http://www.facebook.com/englishltd1

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、
以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク