この日本語を変えるだけで英語が上達する?? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

この日本語を変えるだけで英語が上達する??

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

今回は英語学習の精神論です。

まず、あなたが使う日本語(英語じゃないですよ!)を変えて、
それによって感情を変えて、そして、自然に
英語学習にとって前向きな行動を起こす、という事です。

英語教育産業にかれこれ10年以上関わっており、
よく感じる事は、
どんないい素材(教材)があっても、学習者の意欲が低ければ、何の役にも立たない、
ということです。

そして、その逆もしかり。

英語上達のキーを考えた時、教材とか学習法とかは2次的なもので、
根本は結局、学習者のやる気次第なんだ、と思うんです。

学習者が、”受け身(消極的)”で学んでるか、
”積極的”に学んでるかで、
同じ素材でも成果が全く違ってくると思います。

その事実を踏まえて、日本語を考えてみます。

具体的に、英語を学ぶ素材としては

「授業、コース、セミナー」

などがあります。

そして、それらに対して学習者は、

「受講する」「受ける」という言葉を普通は使います。

その日本語の使い方は何にもおかしくはないのですが、
「受講」「受ける」って、受け身の言葉ですよね。“受”という字からして。

ということで、この言葉を変えてましょう、という提案なんです。

「活用」「活かす」に。

例えば、

「ぼくは週1回英語の授業を受けています」
ではなく、
「ぼくは英語の授業を(自分の英語力アップに)活かしています」
に。

例えば、

「アルクのヒアリングマラソンを受講中です」
ではなく、
「アルクのヒアリングマラソンを活用中です」
に。

日本語を変えただけで、英語学習がバリバリやれそうな感じがしませんか?

英語でも、Lessonは、receiveではなく、takeですからね!
I receive an English lessonという英語はありません。
I take an English lesson.です!

至極単純ですが、積極的に自主的に学ぶ学習者が一番強い、ということです。

P.S. 例文にでてきたアルクさんの通信講座、1000時間ヒアリングマラソン。
活用しがい満点の素材です。ぼくも大変お世話になりました。
本気の方には絶対おすすめです。

【英語学習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB 】

スポンサードリンク