英語学習、上手くいく、いかないのは、ここがポイントpart2 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習、上手くいく、いかないのは、ここがポイントpart2

スポンサードリンク

前回からの続きコラム、

英語学習がいい感じで継続できるポイントは、”あり方”であって、”やり方”ではない、

英語がある程度出来る人の共通点は、”あり方”である、という内容です。

その3つの”あり方”の1つ目を紹介します。

それは

「英語が好き(又は好きなモノ(事)に英語が付随している」

です。

好きに勝る集中力はないと思います。

労力を労力とも思わない、可能な限り苦も無く時間をいくらでもかけられる、
「好き」は最強です。

英語自体が好き、というケースももちろんありますが、
国内で英語がある程度話せるようになった人の中で、
英語を媒介にした何かが好き(だった)、というケースは非常に多いです。

例えば、SFオタクの人が、英語ベースのSFの本やTV、映画を大量に
楽しんで消費する過程で、自然に英語力がつく、というような感じです。

同じ英語に触れる(学習時間にカウントする)にしても、
学習として重い腰を上げてする、のと、
自分の好きな情報をワクワクしながら仕入れる媒介として英語に触れる、
のとでは、集中力、
言い換えれば、吸収力に雲泥の差があると思います。

SFソースでの学習は、SFオタクのみに当てはまる”やり方”で、
もちろん、万人は当てはまりません。

ですが、”好きを英語に変換する”というのは、
多くの人に当てはまる”あり方”の共通点なのです。

この”あり方”、いかがでしょうか?

自分の”好き”をしっかり見極めた上で、
それに上手くリンクするように英語を絡めてみてください。

あなたにとっての”やり方”が何なのか、
それは、自分で探して生み出す他ありません。

次回は、”あり方”の2つ目を紹介します。

スポンサードリンク