英語学習未来予想 単なるバイリンガルの時代は終わった - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習未来予想 単なるバイリンガルの時代は終わった

スポンサードリンク

英語を集中して学習している時、かれこれ15年以上前の話ですが、

何の当てもなく、英語だけしかしていなかった僕は、
この努力が報われなかったらどうしよう、という不安に
日常的にさいなまれていました。

「英語だけ出来てもどうしようもない」みたいな事はよく言われましたし、

あと、

近い将来、
翻訳機の性能が絶対増すから、個人が外国語を学ぶ必要性がなくなる、
外国語が話せるというスキルの価値が下がる、

というような未来予想は、英語学習者のやる気を削ぐのにうってつけでした。

 

でもぼくは英語学習をやめなかった。

他にやることが見つからなかったから(笑)

 

 

あれから15年後、当時に比べて翻訳機の性能は数段上がっています。
多分、英語―日本語の翻訳機能は数年後にはほぼ完ぺきになるのではないでしょうか。

情報を読み取る“だけ”、
情報を発信する“だけ”、

の場合、翻訳機だけで事は足りると思います、

そういう意味では、それだけが必要な人は、英語学習の時間を他に充てる余裕が生まれて、
素晴らしい事だと思います。

 

しかし、だからと言って、外国語学習の価値は失われているか?
今、日常的に日本語と英語を使って生活(仕事も含めて)をしているぼくの答えは、
100%否です。

近い将来、翻訳機が完璧になったとしても外国語学習の価値と感動は絶対失われないでしょう。

 

むしろ価値は上がるとすら思います。

 

その理由は、機械を通じてコミュニケーションするより、
生身の人間と直接コミュニケーションする方が、
絶対的により深い意思の疎通が図れるし、単純に楽しいからです。

 

“通じる喜び”の快感自体が、語学学習の価値であり報酬である、という考え方もできると思います。

又、直のコミュニケーションで心が通えば、
言語が正しいか間違ってるか、なんて極論どうでもいいと思っています。

その、“直のコミュニケーション”の価値と重要性が、
翻訳機がいくら発達しても、外国語学習の価値が失われないという理由です。

 

 

では、ここでぼくなりの英語学習の未来予想を書いてみます。

翻訳機の発達により、ただ単純に右から左へ、
言語を変換できるという人間のスキルは、これから徐々に機械にとって代わられると思います。
(良く考えてみると、そんな場面は日常的にはあまりありませんが。)

では、今後どんな第2言語話者が重宝されるかというと、

 

それは、

 

●一つの言語の感情を、もう一つの言語の感情に上手く置き換えてコミュニケーションできる人。

●異なる言語間、異なる文化間を、偏見なしに、自由に軽やかに行き来できる人。

 

そんな人だと思います。

 

ちょっと抽象的な表現ですが

要は、
表面的な言語のやり取りだけでなく、
相手の自分とは異なるバックグランドを尊重してコミュニケ――ションできる人、
ですね。

 

そういう意味で、
ただ単にバイリンガルな人、の時代は終わったと思っています。

 

現在、英語学習へ励むあなたは、
その辺を意識して学習をされれば、
あなたにとっても、周りの人にとっても、
より良いコミュニケーションの未来が拓けると思いますよ。

 

 

英語学習をしていて、「こんなことしてて意味あるのかな?」とモチベーションが下がり気味のあなた、

是非、定期的に“通じる喜び”を持つようにしてください。

繰り返しになりますが、それは正解、不正解の世界ではなく、
例えば、相手と自分が世界に存在することをお互いに認識し合う作業、とでもいいましょうか。

それは、英語学習(外国語学習)にとって根源的な最高のモチベーションになると思います。

スポンサードリンク