英語学習、うまくいっている人は、Should思考ではない。 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習、うまくいっている人は、Should思考ではない。

スポンサードリンク

 

現在、これだけ沢山の英語学習法の本があり、英会話の本があり、

学校があり、つまり、英語教育業界は、繁盛している業界だといえると思います。

もちろん、個別でみていけば、そうでないところもあるでしょうが、

全体的なビジネスのネタとしては、多分「おいしい」業界なんだと思います。

この状況は、少なくとも僕がこの業界に入った15年ほどまえからほぼ同じです。

予想するに、多分、過去25年くらいは、まあまあ同じような状況が続いているのではないでしょうか。

では、25年前に比べて、自信をもって英語を使える日本人は増えているのか?

過去25年間の英語学習ビジネスの売上高に比例して、いわゆる”英語大丈夫”な日本人も増えていないとおかしい。

何がおかしいかというと、そもそもそのビジネスで提供されている、英語学習という商品の価値と信ぴょう性おかしい、ということです。

ぼくの結論としては、英語学習業界の繁盛ほど、日本人の英語力は繁盛していない、ということです。

それは、英語学習業界の怠慢と言わざるをえないと思います。

と同時に、学習者の情報不足、そして他力本願思考もそれに大きく加担してることは否めません。

つまり、自分で考えずに、お金さえ出せば、教材さえ買えば、学校に行きさえすれば、英語が上達する、と思っている人がいかに多いか、ということ。

そろそろ、それではダメだという事に気づいてもいい時期ではないでしょうか。
歴史がそう示しています。

「自分で考える」ことの重要性を表す事実の一つに、英語学習の道は1つとして同じ道はない、とうことがあります。
常識で考えればわかることだと思いますが、 

例えば、英語がある程度できるようになった日本人を100人集めて、その人達の学習遍歴を聞いてみましょう。

1人として全く同じ時間数、教材の数(種類)、学習方法で、今のそれぞれの状態にたどり着いた人はいないでしょう。

教材が被ることはあるでしょう、同じ学校に通っている可能性もあるでしょう、でもそれは、one of them、全部が全部同じなんてことはありえません。

だから、教材に頼る、学校に頼る、人のアイデアだけに頼る、自分で考えない、では英語が上達しない、ということです。

つまり、自分の学習法は自分で工夫して、失敗して、時間をかけて試行錯誤して、そうやりながら、一歩一歩上達の階段を上がっていくものなんです。

さて、自分で考える、という部分をもう少し掘り下げてみます。

ここに英語学習成功のヒントがあると考えているからです。

まずはNGパターンから。

”自分で考えてない”人は、英語学習を選ぶとき、Should思考の傾向があります。 

つまり、

誰々が良いって言ったので、これをすべき(should)
コマーシャルでやってるから、これをすべき(should)
昔からやっているから、これをすべき(should)
とにかく語彙をふゃすべき(should)
とにかく文法をやるべき(should)
まずは、この本をやるべき(should) 

という思考パターン。

まあ、とにかく面白くなさそうですよね(笑)
全然ワクワクしない。

新しい事を学ぶって本来はワクワクしてしかるべきなのに。

shouldというのは、ある意味で逃げ道があるんです。

前例があって、失敗しないためにshouldを選ぶケースが殆どだと思うんで、
自分で決めていない。

だから、うまくいかなくても自分以外の他の部分を責められる。

英語学習が面白くない人、挫折しがちな人、まずは自分の学習態度がshouldでないか、確かめてください。

さて、では、shouldでないなら、どうするのか、

まず、wantに頭を切り替えることです。

成功する、自由な、ワクワクする英語学習は、wantからまず始まっています。

例えば以下のように、

動機:あの人と英語でしゃべりたい(want)
方法:しゃべる練習をする

動機:映画を字幕なしでみたい(want)
方法:映画を字幕なしで見る

動機:ペーパーバックを読みたい(want)
方法:ペーパーバックを読む

まずは、動機のwantの部分を固めること、これが大切。

そして次に大切なのが、「方法」の部分なんですけど、

ここで、should思考が出てくる人がとても多い。
そして、ワクワクする動機を一気に台無しにしてしまう(笑)

方法は、shouldではなく、canで考えた方が上手くいくケースが多いのです。

あれをすべき、これをすべき、ではなく、あれもできる、これもできる、という事。

前例があるワクワクしない学習より、

自分のアイデア、工夫をこらしたワクワクする学習をあみだす、という事です。

canは外に向かっていくらでも自由に広がっていける感じなんです。

好き(want)で始める英語学習を、shouldという固まった思考パターンで台無しにしてまわないように、

想像力を働かせて、canの思考で、工夫して”自分が選んだ”学習を楽しく続けることがキーです。

繰り返しになりますが、

should思考というのは、どこかの誰かの前例であって、それがあなたに役立つ保障なんて全くないんです。

たぶん役に立たない方が多いといっても過言ではないと思います。

映画を字幕なしで見たい!、じゃあまず語彙を固めるべき(should)、、、、

誰が言ったか知りませんが、そこで一気にトーンダウンしませんか?

映画を見たいのに、又受験勉強みたいなことしないといけないのか、、、みたいな。

じゃあ、そもそもの学習をやーめた、となるわけです。

そうじゃなくて、映画を見たいんなら、映画を見ればいいんですよ!

わからなくても、面白くて見続けていればそのうちわかるようになりますよ。

少なくとも、全く関係のない語彙本を虫のように読むよりは。

もっと自由に、ダイナミックに考えた方がうまくいくんです。

あなたの英語上達に対する答えはどこでもなく、あなた自身にあるということです。

自分のwantという気持ちがワクワクし続けているかどうか、それが生命線です。

スポンサードリンク