英語学習、あなたは完璧主義ですか?―英会話力は知識量に比例しない!- - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習、あなたは完璧主義ですか?―英会話力は知識量に比例しない!-

スポンサードリンク

こんちは、川合亮平です。

英語を学ぶ時(触れる時)の姿勢についてです。

特に英語での対面コミュニケーション能力を上げたいと思っているあなたに
お役に立つ内容です。

少し考えてみてください、

同じ知識量、ポテンシャル、英語学習経験をお持ちの2人がいたとします。

そんなお2人がそれぞれ、英語ネイティブスピーカーと、
対面コミュニケーションをした際、
明らかに片方の方が上手かったと仮定します。

さて、同じ知識を持つ2人なのに、
コミュニケーションの段で出てくる差とは一体何なんでしょうか?

色々言い方はあると思いますが、

ぼくの答えは、
「豪快さ」の違い、です。

それが、同じ知識量の2人のコミュニケーション能力に
差を生みだしている。

言い換えれば、
「細かい事を気にしない」
「失敗を恐れない」
という姿勢でコミュニケーションしているかどうか。

ぼくの今までの英語コミュニケーションの経験から、

ことフランクな対面コミュニケーションにおいては
(かなりフォーマルな場や、書く時などは、少しだけ違ってきます)、
“重箱の隅をつつく”ような繊細な感覚や知識欲よりも、

パジャマで学校に行っても気付かないような
豪快さが役に立っています(笑)

“ノリ”が大切なんですね。

実は、ぼくはよく人から、
曰く「適当」、曰く「不器用」、曰く「ええかげん」
と指摘されることが少なくないのですが(笑)、

実はその部分が、カジュアルな英語コミュニケーションの場では、
とっても役立っていると確信しています。

また、英語学習という大きな視点で考えれば、

細かい部分が気になって悶々として前に進めない(進まない)
のは、とってももったいない、時間の無駄です。

そうではなく、

寝ている間にでも解決するや、というくらい完璧主義にならず、
ちょっと適当にやった方が学習はスムースに継続すると思っています。

そして、もちろん、継続すれば英語力が伸びる、ということですね。

そもそも、言葉って生ものなので、
きっちり理路整然と理解できる事柄ばかりじゃありませんし、
グレーで曖昧な部分がかなりあるんですよね。

そこを受け入れる姿勢が英語表現力上達の非常に大切なキーポイント。
「よくわからない、でも、まぁええか」です(笑)

P.S. 英語コミュニケーション力上達の極意を詰め込みました。
川合の著書「つながる英会話」です。

【英語学習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB 】

スポンサードリンク