英語学習、上手くいく、いかないのは、ここがポイント part1 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習、上手くいく、いかないのは、ここがポイント part1

スポンサードリンク

ぼくも含めて、英語をある程度の自信を持って使用している人、

これまで沢山のそんな人を観察してきて、共通点がある事に気付きました。

まず、大前提として、

「それなりの時間と労力を英語能力向上に費やしている
(又は過去費やした)」

ということです。

(それについては、コチラの記事に詳しく書きました。)

http://englishltd.com/learing-method/how-to-learn/01062011-132.html

これは、一人残らずそうです。例外はありません。

ですので、まず断言できることとしては、

”短時間で労力なく”英語能力向上できる、というのは
完全な妄想です。

とは言っても、
ではなぜ、労力と時間を英語力向上に費やせたのでしょうか?

ぼくはその「なぜ」への回答として、
これまで出会った第2外国語としての英語使用者の中から、
3つの共通要素(3つの”あり方”)を見出すに至りました。

ポイントは、”あり方”であって、”やり方”ではない、
ということです。

つまり、多くの英語学習者は、”やり方”を追い求めています、
そして、書店にもそんな”学習法”の本が溢れています、

しかし、はっきり言えるのは、
現在、英語がある程度使えるようになった人達の、
学習の”やり方”は、一人一人全部違います。

似ている場合もあるかもしれませんが、全く一緒というのは
ありえません。

”やり方”は、一人一人違いますが、
”あり方”には共通点がある、ということです。

これが、学習法だけ追い求めても一向に英語力が上らない理由です。
”あり方”があって、はじめて、”やり方”が活きてくるのです。

ではその3つの”あり方”とは?

次回から詳しく見ていきます。(今週木曜更新予定)

スポンサードリンク