逆転の発想!英語学習モチベーションを維持する - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

逆転の発想!英語学習モチベーションを維持する

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

英語学習をしていると、モチベーションというのは
よく出てくるキーワードですよね。

「学習のモチベーションを維持し、高めるには?」
というのは、英会話講師をしていた時、よく受けた質問です。

そんなこともあり、
モチベーションを上げる方法を色々考え続けていたんですが、
その時得た1つのアイデアをシェアします。

それは、
そもそも、なぜ英語学習モチベーションを上げる必要があるのか?!
ということ。

逆説的なのですが、
モチベーションが低いなら低い状態で、
どこまでできるかやってみる、
続かなかったら、それはそれで、ストップする。

無理に続ける必要はない。
モチベーションを探してさまよう必要もない。

モチベーションがないから英語学習をストップする、
それはそれぞれの人生の中の自然な流れであり、
別に大したことではないと思うのですがいかがでしょうか?

英語学習をストップしたことにより、例えば
日常生活に支障が出てくるような状況になれば、
モチベーションがあろうがなかろうが、
やらなしゃーないという状態になって、学習を続けると思うんです。

モチベーションが高くても低くても、
やるときはやる、やらないときはやらない。

そもそも、モチベーションとうい概念に振り回されないこと、
それが大切だと思います。

P.S. ぼくは本当の創造性、研ぎ澄まされた純粋なクリエイティブに触れた時に、
人生のモチベーションが激しくかきたてられます。
イギリス映画「アタック・ザ・ブロック」はそんな作品の一つ。
ジョー・コーニッシュ監督に取材する機会にも恵まれ、
素晴らしい人柄に触れ、さらに作品を応援しています。

【英語学習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB 】

スポンサードリンク