脳をフル活用!自動で英語ができる自分になる方法 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

脳をフル活用!自動で英語ができる自分になる方法

スポンサードリンク

こんにちは。川合亮平です。

 

脳科学や脳機能学などの書籍がよくベストセラーになっています。

 

脳の仕組みをうまく使って、

 

少しでも今の生活を快適に、

少しでも学習を効率的に、

という欲求があるのだと思いますし、

 

日々の研究の成果として、

脳の機能に対する、人の理解が進んでいるのでしょう。

 

ぼくは(もちろん)脳科学者でも何でもないのですが、

イチ英語学習者として、

脳の働きというものにとても興味があり、

それなりにその手の書物も読んできました。

 

そして、その働きを利用して、学習効果を上げてきた部分も実はあります。

 

ぼくの体験は、あなたの英語学習の大きなヒントになると思いますので、

このコラムでシェアさせていただきます。

 

あなたは、英語のアウトプット(会話発言、文字発信)をする時、

 

“この表現は、英語で何と言えば(書けば)いいのだろうか?”

 

と悩んだことはないでしょうか?

 

これはある意味、尋ねるのもバカバカしい事で、

英語学習中の人(英語を日々使っている人)なら、そんなことはしょっちゅうだと思います。

 

もちろん僕も、今でこそ、少なくはなりましたが(もちろん無くなってはいません)、

例えば15年前などは、

そんな、自分の言いたい事を言えない“もどかしい”思いに日々苛まれていました。

 

何ともいえず惨めな思いがしたものです。

 

さて、今あなたが、そんな風に日々感じているなら、これは朗報です。

 

ぼくは自分の経験から、

そして脳の働きを色んな本で読んだことから、

自信をもっていえるのですが、

 

実は、その“悩んでいる時間”自体が、

あなたの英語力を上げているのです。

 

ホントに??

はい、本当です。

 

その場で答えは出ないかもしれない、

黙り込んでしまうかもしれない、

 

でも、その“もどかしく感じる時間”の量に応じて、

あなたの“英語発信力”は絶対上がっています。

 

この現象を、脳科学(機能学)的に解説すると、

脳には、一旦インプットした疑問(「英語で何というのだろう?」)というものを、

(無意識で)答えが見つかるまで探し続けるという

物凄い機能があるらしいのです。

 

ということは、

英語表現で悩めば悩むほど、脳が独りでに自動で、

それらを探してくれてる、ということになります。

 

もちろん、大前提として、日々英語に触れている(インプットしている)

というのが重要になるのですが、

インプットがなければ、脳も探す材料がありませんので。

 

ですから、別にシステマチックに学習予定を組まなくても、

仰々しい学習法を試さなくても、

 

英語が上手くなるというのは非常に単純な原理で、

 

「沢山わからない状況に出会って悩む」

「沢山英語をインプットする」

 

というそれだけの事なのです。

それで、「英語が出来る人」のイッチョウ上がりです。

 

極端に感じるかもしれませんが、

ぼくは大真面目でそう信じていますし、

そのように体感しています。

 

ぼくが、そのイッチョウ上がり状態だと自分で感じています。

 

例えばぼくは、今でこそ、

英語のメディア(本、新聞、雑誌、TV、映画など)

は、100%ではないにしても、ほぼ困らない程度には

理解できるのです。

 

つまり、それくらいの語彙力はあるということです。

 

でも、単語本の類が大嫌いな(笑)せいもあり、

そんな本で勉強したこともなければ、

特別語彙を増やそうと努力したこともありません。

 

日本語の単語を、いちいちどこで覚えたのかなんて記憶にないのと一緒で、

英語の単語も、“気づいたら”知っている、使えている、という状況になっています。

 

“気づいたら知っていた”という状況が、

今回のテーマの「脳が答えを探し続ける機能」

の成果だと感じています。

 

又、それと同じように、

 

「これ英語で何というのだろうか?」の他に、

 

「“理解していなくても”集中して英語をわかろうとしている時間」

 

も、英語力を高める時間だと感じています。

 

“集中してわかろうとする”という行為自体、

たとえその場で理解できなかったとしても、

脳は(無意識に)その行為を自動で続けるのだと思います。

 

意識ではすでに忘れているような昔の疑問も、

ある日、ある時のインプットのふとしたフレーズにひっかかって、

脳の中がチーンッ!

となり、それが自分の使える英語ストックに加わる。

 

まとめます。

 

分からずにもどかしい思いをする事自体が、超貴重な学習体験なんだ、

 

理解できなくても、理解しようと集中する時間自体が、超貴重な学習体験なんだ、

 

そして、その2つの時間というのは、

将来、必ず成果に結びつきます。

(インプットを続けている限りは)

 

少なくともぼくはこのようにして今の英語力に至っています。

 

その場の理解を追いかけるだけが学習ではないという事です。

 

スポンサードリンク