英語学習は、HowよりWhyの方が大切 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習は、HowよりWhyの方が大切

スポンサードリンク

学習の際、Howの事ばかり考えて、Whyが置き去りになっている。

英語学習挫折の原因は色々ありますが、多くの人に共通している原因はこれだと思います。

あなたはどうでしょうか?

よくこんな質問を受けるんです。

How(方法)「~という教材は良いですか?」
How(方法)「~という学習法は効果的ですか?」

その質問自体を否定するつもりはありませんが、

その質問をする前に、まず次の質問に答えられるかどうかが大切なんです。

Why(理由)「なぜ、英語の勉強をしているのか?」

この質問にはっきり自信を持って答えられない限り、
Howのクエスチョンにいくら答えを得たとしてもそれは全く役に立たないでしょう。

なぜなら、

Whyというのは、動機であり、英語学習の目的です、
つまり、目的地です。

目的地が不明、又はあやふやな人が、

How(方法)「この電車は速いですか?」
How(方法)「車とバイク、どっちがいいですか?」

と、移動手段ばかり質問するのは、何かおかしいというか、本末転倒な気がしませんか?

そう、Howの前に、まずしっかり足元を見つめてWhy。

「なぜ、自分は英語の勉強をしているのか、どこに行きたいのか」

をしっかり考えてみてください。

そうすると、自ずとHowは見つかるはずなんです。

英語学習業界は、Whyがあやふやな消費者を
Howで踊らせることで収益を上げている部分があるのです。

学習素材に踊る文字、
「効果的」
「効率的」
「~だけでペラペラ」

Howで消費者を躍らせるための宣伝文句ですが、

賢い学習者になるためには、そこで一歩立ち止まって、”自分にとってどうなのか”を考えるのがとても大切です。

100万人が絶賛する学習法・教材でも、それを経た結果が自分の目的と違うなら、
それは、あなたにとって何の価値もないといえるでしょう。

その逆もしかりです。

So, Why do you want to learn English?

スポンサードリンク