英語学習 効率の良い勉強法について - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習 効率の良い勉強法について

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

 

英会話講師時代、生徒さんから相当よく受けた質問。

 

「効率のいい学習方法を教えてください」

 

人情なんで、仕方ないのはわかっていますが、

この”効率”という言葉に対して、若干過剰反応気味になってた時期があります。

 

理由を簡単に書くと、

 

「手間暇かけずにサラッと英語を話せるようになりたい」

 

みたいな思想が見え隠れするからです。

 

なぜその考えにそこまで反応するかというと、

 

そもそも、

短時間でお手軽に英語は話せるようにならない、というのがひとつ、

 

そしてもうひとつは、

そのような認識では、学習が続くものも続かないケースが多い、

ということです。

 

結果的に、学習者にとって、

その手の甘い情報は、あまり有益ではない、というのが持論です。

 

最初に妄想を見すぎると、

せまりくる現実に耐えられないケースが多い。

 

誤解を招くといけないので、書きますが、

 

効率の良い学習自体は、あると思いますし、

それは素晴らしいものだと思うんです、

 

ただ、今回のテーマは、

 

最初にそればかりを追い求めてしまうと、

英語学習自体がとん挫してしまうケースが多いのでは、という内容です。

 

なぜなら、英語習得における鉄則の一つは、

 

「絶対的に質より量」

 

だからです。

耳が痛いかもしれませんが、

これは厳然たる事実です。

 

質は、”効率”と言い換えてもいいと思います。

 

ぼくが言いたいのは、

 

量をこなせば、質にこだわらなくても大丈夫。

まずは、量、その次に質!ということです。

 

質(効率)ばかり追い求めて、量がままならなければ、

永遠に自分の望む英語力は手に入らないでしょう。

 

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「 英語は難しいと思う人、必読です
http://englishltd.com/learing-method/mindset/27072012-1067.html

 

*最新記事の読みのがし防止!
「いいね!」をプッシュ!“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、
以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

 

スポンサードリンク