Becauseは日本語で何?―ぼくのおすすめ英語学習法― - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

Becauseは日本語で何?―ぼくのおすすめ英語学習法―

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

英語学習に限りませんが、
何かを学習する時、
ある程度の習熟度まで達しようと試みるとき、

キーワードは、

「学びやすさ」
「わかりやすさ」

だと思います。

不必要に遠回しに、小難しくすることは、
学びの助けには一切ならない、というのが持論です。

こちらの記事で、
「英語、TOEIC、学習時間の目安(1000時間?)」
http://englishltd.com/learing-method/mindset/29112012-1222.html

学習にはそもそも時間がかかるという事を書きましたが、

それを踏まえた上で、できるだけストレートに単純に学びたいんです。
まどろっこしいことをしてる時間はない。

逆に考えると、挫折の原因は、多くの場合
学び方がストレートではない可能性があると考えています。

 

では、英語の「学びにくさ」、挫折の原因とは何なのか?

 

その答えは、3歳のバイリンガルの子供の発言にありました。

 

先日、こんな場面を目にしたんです、

大人:「犬は英語で?」
子供:「Dog」

大人:「ネコは英語で?」
子供:「cat」

名詞に関しては、日本語1につき、
英語1という名詞がまあほとんどだと思います。
少なくとも、どんな文脈でも名詞は名詞で、変化しないので。

面白いのは、接続詞とか前置詞の訳です。
文脈によって、日本語の対訳が変化しうる英語の単語です。

 

「だって、だって」というその子に対して、

 

「”だって”は英語で?」と大人がその子に聞いた時、

その子はしばらくずーっと考えてこう答えました。

「because」

このやり取りを聞いて、ぼくは衝撃を受けました。
これこそ、“学びやすさ”への決定的ヒントだと。

そのこころは、ずばり、

日本人は、英語を学ぶ時(主に学校英語教育の場において)、
本当に必要とする、純粋な英語以外のものも学ぶ学び方をしていて、
それによって、学習負担が増え、その分学びがストレートでなくなっている。
それが英語学習挫折の大きな原因になっている。

 

具体的には、

中学1年生で、becauseという単語を習ったとき、

ぼくも含めて、多くの中学生は「なぜならば」
という日本語も一緒に覚えるのではないでしょうか?

多くの中学生は、「なぜならば」という日本語を日常的に使っているでしょうか?

普段自然に使っていない日本語の言葉の上に英語をかぶせたところで、
その英語を自然に使えるようになならないはずです。

つまり、「なぜならば」の強制は、純粋な英語を学ぶ上では余計だと思うんです。

日本人として使う同じ日本語でも、
その言葉に対する想い、ニュアンスは人それぞれですから。

新しい英語の単語を学ぶ時、みんなが1つの日本語に置き換えて学ぶやり方は、
自然でない気がしてます。

 

そうではなくて、

becauseという新しい単語にであった時、

まずは画一的な意味の「なぜならば」をさらっと知った上で、

自分の中の「なぜならば」に置き換えて覚える。
(前述のバイリンガルの子供の場合は「だって」になります)

そうすると、頭に入りやすく、
その後のインプットもアウトプットもよりスムースになると思います。

ぼくはこれまで英語を学ぶとき、無意識にそのようにしていると感じています。

同じような例をあげると、

何文字熟語やねん、というような、文法用語もそうだと思うんです。

仮定法過去完了とか・・・。

それも、自分の言葉に置き換かえて頭に入れればいいと思います。
「せーへんかったらよかったのに形」とか(笑)

 

まとめると、

新しい英単語なり、表現なり、イディオムなりを記憶しようとするとき、
一番ストレートなのは、

 

自分が今持っている、

●感情
又は
●語彙

にひっつけて学ぶことだと思うんです。

 

借り物のの感情や言葉では、覚える効率がよくありません。

今回紹介した学び方・思想は、挫折がなく、
”自然な英語を身につけるため”のぼくからあなたへの学び方の提案です。

 

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「 あなたのその英語学習に意味はあるか?圧倒的に学習効果が上がるコツ。」
http://englishltd.com/learing-method/mindset/06102012-1101.html

*最新記事の読みのがし防止!
「いいね!」をプッシュ!“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、
以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク