川合流 英文法の勉強法とは? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

川合流 英文法の勉強法とは?

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

英会話講師をしていた時代、時々質問を受けました。

「文法ってどれくらい大切ですか?」

それに対する回答を書きます。

英語(読む、聴く、話す、書く)をスポーツだとすると、
文法というのはルールだとぼくは思ってます。

最低限のルールを知ってないとプレーできない、
でも、ルールばかり詰め込んでも、
ルールをつきつめても、プレーは上達しない。

それが大原則の考え方です。

では、英文法における“最低限のルール”とは何かというと、
「中学3年間で習う英文法」だと思います。

あなたの英語の最終的な目標が、プレーの上達
(例えば、会話がうまくなりたいとか、英文を上手く書きたいとか)
である方の場合、

ルール(文法)の知識習得が目的のルールの勉強は、
中学3年間で習う英文法範囲で十分です。

逆に、そこはしっかり理解しておいた方が、
その後のプレー(英語学習)の練習がスムースに行くと思います。

基本文法を押さえた上で、後は、
プレーをしながら必要なルールをその都度学んでいけばいいと思います。

“その都度”というのが実はとても大切だと思っています。
それこそが、効率的な学習だと思っています。

そして、そのやり方の方が、身に付くんですよ。

全く何の脈絡もない文法書をイチから読むよりも、
例えば、ブラッド・ピットの英語を聞いていて、
どうしてもある1文の理解ができなかった、
辞書を引いても納得できない、
そこで、文法書を“理解の補助として”開く。

それが、基本を押さえた後の、文法との
付き合い方だと思っています。

まあ当然、
文法を極めたい方は文法だけやればいいと思いますが、
かなり少数派だと思います。
(そして、もちろんその学習自体は、
会話力の直接的な向上にはつながりません)

あと1つヒントとして、

仮定法など、複雑とされている文法事項は、
理論で覚えるのではなく、感情やシチュエーションとセットで覚えましょう。

こう思うときは、こう言う、
このシチュエーションの時は、こう言う、
という具合に。

それがアウトプットに繋がる知識になります。
理論だけでは、実践では役に立たないことがほとんどです。

ぼくはそうやって今仮定法をしゃべれるようになりました。

P.S. 英文法に関しては、以下のような記事もあります。
セットでお読みください。
この記事はお陰さまで人気が高いです。

ぼくが「文法なんかどうでもいい」という理由

http://englishltd.com/learing-method/mindset/20102012-1116.html

P.P.S. 川合おすすめの文法力強化本。非常に斬新な作りです。
ぼくが文法関連の教材はすすめるのは相当珍しいですが(笑)、
こちらは“本当に英語が話せる”人が作った英文法教材というのが
明らかな、素晴らしい出来になっています。
いいですよ!

「ネイティブの感覚で前置詞が使える CD book [単行本]」
ロス 典子 (著), モーリス タック (著),
ピーター ロス (監修), Peter Ross (原著), Maurice Tuck (原著)

スポンサードリンク