英語上達のポイントは、インプット・アウトプットを繋げて考える事 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語上達のポイントは、インプット・アウトプットを繋げて考える事

スポンサードリンク

”聞き流すだけ”で英語が聴けるようになるか?

”聞き流すだけ”で英語が話せるようになるか?

答えはNOだと思います。

ただし、”聞き流すだけ”に少し工夫を加えれば、
それは有意義な学習に変わるでしょう。

ポイントは、「集中」です。

当たり前すぎて拍子抜けされるかもしれませんが、
「集中して英語を聴く」事はそれ自体、
とても有効な学習だと考えます。
(理解していてもそうでなくても)

でも、”集中して英語を聴く”のはなかなか難しいもの。
どうすれば集中して英語を聴く環境を作れるのか?

それが今回のメインテーマですが、答えは、
「アウトプットを意識しながら英語をインプットする」ということ。

例えば

ー聞いた内容(感想)を人に伝える
ー聞いた内容(感想)をブログ/ツイッターなどに書く

という前提があれば、そのインプットの質は、漫然と聞き流す時のインプットの質とは
比べものにならないくらい高くなることは、容易に想像がつくのではないでしょうか?

他の例として、あなたが週1時間、英会話のレッスン(これは主にアウトプットの練習ですね)
を受けているとします。

残念ながら、”それだけ”では英語の上達(アウトプット力)は望めないでしょう。

でも、あなたが、普段から英語のインプットを継続的に行っているとすれば、
話は違ってきます。

週1時間のレッスンそれ自体では英語力はつきませんが、そういう英語アウトプットの場が
あることで、ないのに比べて、インプットの質が格段に上がっているはずなんです。

「この内容を次のレッスンで話そう」という風に、意識的に気をつけてももちろんいいですが、
意識していなくても、絶対インプットの質は上がっているはずです。

”出せば入りやすくなる”、自然の摂理だと思います。

結論としては、

英語インプット、アウトプットは、
両方あって始めて、それぞれに消費した時間が活きてくる、ということです。
その関係は、リーディング、ライティングでももちろん一緒です。

話す練習ばかりしていても、聞かなければ話せるようにならない、
(その逆”話さなければ聞けるようにならない”もしかり)
というのは面白いな、と思います。

スポンサードリンク