あなたのその英語学習に意味はあるか?圧倒的に学習効果が上がるコツ。 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

あなたのその英語学習に意味はあるか?圧倒的に学習効果が上がるコツ。

スポンサードリンク

英語学習の際、

ここに気を付ければ、学習効果が数倍上がる、

というポイントを書いてみます。

まず最初に答えから書くと、効率的な英語学習のポイントは、

「その英語があなたの感情に絡んでいるかどうか?」

です。

それに対する答えがYesならその英語学習は時間対効果が高いといえます、
是非続けてください。

でも、逆にNoなら、もしかしたら、その学習は見直した方がいいかもしれません。

感情に絡んでいる、とはどういうことか?
順を追って詳しく書いていきますね。

その英語学習に使っている英語で自分の気持ちが動いているかどうか?
どんな感情でもいいんです、

●楽しい
●嬉しい
●興奮する
●笑える
●怒り
●不安
●悲しみ

感情は色々ですが、とにかくその英語学習が感情と絡んでいるかどうか、がポイント。

なぜなら、あなたが実生活で実際に英語を発信・吸収する際は、
100%絶対、何らかの感情が元になっているからです。

全く何の感情もなく、自分の言葉を発することなんてできないと思います。

つまり、感情が付随しない英語は、身に付けたとしても
実生活では到底役に立たない代物になります。

逆に、感情と付随して頭に入っている英語、体に染み込んでいる英語は、
実生活で、その感情が起こると同時に、すっと自分から出てくる、
又、インプットの際は、すっと頭に入ってくるんです。

ぼくたちはコンピューターではありません。
無味乾燥にインプットしたものは頭に残りにくいようにできているんだと思います。

言葉は感情とダイレクトに繋がっています。
だから、言葉を身に付けようとするとき、感情と切り離すのは、絶対おかしい事なんです。

例として、具体的な学習法に落とし込んでみましょう。

リスニング学習で、リスニング素材を選ぶ場合は、
自分の心が動く素材を選んだ方が
絶対リスニング力がつくんです。

それに、出来れば生の素材の方が良い。
ナレーターが棒読みしている素材に比べると、
圧倒的にリアルな感情の波が言葉と一緒に頭に入るからです。

又、1人での会話練習には音読がとって良い学習ですが、
この時も、出来るだけ感情を込めて読むようにする。
役者になったつもりで。

その言葉の感情にどっぷり浸かっての音読学習と、
夕飯の献立を考えながらの音読学習、
どちらが、学習効果が高いかは比べるまでもないと思います。

少し話はずれるかもしれませんが、
好きな先生の教科は成績が良くなるけど、
嫌いな先生の教科は、教科書を開くのも嫌になる、
その原理と似ていると思います。

人間は感情の動物だと思うからです。

ちなみに、ぼくは、
高校の3年間分の英語の授業(いったい何時間なんでしょうか??)の事は、
先生のしょうもない余談以外、一つとして頭に残っていませんが、

19歳の時に、辞書を引きながら2時間かけて、数行しか書けなかったけど、
好きな人に書いた英語のラブレターの文言は一生忘れない自信があります。

あなたのその英語学習素材で、あなたの気持ちは動いてますか?

スポンサードリンク