英語学習のコツは”深掘り”すること! - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習のコツは”深掘り”すること!

スポンサードリンク

英語を、第2外国語として学んだプロセスを経て、ある程度使いこなせるようになった人々の共通項を

これまでずっと探してきました。

その共通項がわかれば、それが英語学習成功のための決定打になると考えているからです。

今後もこの見聞・知識は蓄積していくつもりですが、今の段階でのぼくの結論を紹介したいと思います。

【英語学習成功者の共通項】

ぼくがこれまで出会った、見聞きした、学習のプロセスを経て、英語がある程度自由に使えるようになった人たちは、

必ず以下のどれか(又は複数)に当てはまります。

1.英語に触れる(学習)時間が圧倒的に多い

2.言語そのものに興味がある

3.その言語に関する趣味をその言語を介して深掘りした

と同時に、

NG共通項は以下です。
以下の項目はいわゆる英語が出来る人の共通項ではありません。

A:1つの教材(ソース)だけに頼って学習する

B:英語を聞き流しただけ

C:留学しただけ

D:一般的な学習法を一通りまんべんなくやってみた

詳しく見ていきましょう。

「1.英語に触れる(学習)時間が圧倒的に多い」、これはいうまでもありません。
英語学習には時間がかかるのです。

「2.言語そのものに興味がある」
こうなれれば強いですね。
文字通り、楽しみながら上達するという感覚です。

「3.その言語に関する趣味をその言語を介して深掘りした」
この部分が、今回の記事で強調したいところです。

そして、それを強調するのに引き合いに出したいのが、
それの逆で、英語学習の落とし穴である、
「D:一般的な学習法を一通りまんべんなくやってみた」です。

客観的な常識(あの教材は素晴らしい、などの評判)を基準に、一般的な学習をまんべんなくこなす、

ありがちな学習パターンですが、

これを試みた人は、だいたいにおいて、達成感のないまま、英語学習に挫折しているケースが多いです。

理由は考えなくてもわかると思いますが、
まずは、とにかくつまらない、ということです(笑)

学びというのは、自分の内から湧き上がる情熱を軸に、自主的に組み立てていくのが本来だと思います。

それに対して、一般的な学習というのは、自分の外に基準を求めてしまっている。

つまり、気持ちが入っていないケースがほとんどなんです。

この方法で英語がある程度できるようになった人もいるとは思いますが、
よっぽど意思の強い人なんだと思います。

つまりそのような人の学習法は、ぼくも含めて多くの一般人には役に立たないと思います。

さて、
話を元に戻しますと、

「D:一般的な学習法を一通りまんべんなくやってみた」ではなく、

「3.その言語に関する趣味をその言語を介して深掘りした」

のアプローチこそが実は正攻法なんです。

”深掘り学習”の具体例として、

●Aさん。海外ドラマ「アリーマイラブ」が好きで好きで、
それを見まくって、英語がペラペラになった。

→その人は当然、職場でもバリバリ英語を使って活躍しています。

●Bさん。戦闘機マニアで、アメリカから戦闘機の雑誌を
輸入購読して、毎月なめるように読んでいるうちに、英語読解が苦も無くできるようになった。

→その人は仕事でのビジネスEメールを難なくこなしています。ちなみに、TOEICリーディングセクションは満点とのことです。

そんな例は枚挙にいとまがありません。

日本で英語をある程度身に付けた人に聞くと、
多かれ少なかれ、皆それぞれ上記と似たような”深掘り”エピソードを持っているとぼくは思っています。

外に学習ソースを求めるのではなく、自分の内から湧き上がってくる情熱を(英語にからめて)深掘りする。
深掘りする、の意味がわかっていただけましたでしょうか?

自分の好きなものには、驚くほどの集中力が発揮できるものですからね。

こんな話をすると、
「でも、趣味の英語で、仕事の英語に役に立つのかな?」
と質問する人がいるのですが、

上記の例をご覧いただくとお分かり頂ける通り、もちろん役に立ちます。

だって、英語は英語ですからね。

仕事のため、と言いつつ、もし戦闘機のBさんが、

大好きな戦闘機をほったらかして、常識にとらわれてTOEICの問題集にとりくんでいたら今頃彼の英語力はどうなっていたでしょうか?

まず間違いなく、今ほどの英語力はついていないはずです。

さあ、
みなさんも是非常識を打ち破って、自分に正直になって英語に取り組んでみましょう。

自分の好きな英語を深掘りする。

それが絶対的な英語学習成功法則です。

スポンサードリンク