英語学習が嫌い・苦手なあなたへ ―この理由で学習がはかどる!― - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英語学習が嫌い・苦手なあなたへ ―この理由で学習がはかどる!―

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

いきなり質問ですが、あなたが英語の講師だったとして、
英語が嫌いな生徒さんにどのような声をかけて、
彼女・彼の学習モチベーションを上げますか?

英会話講師をしていたときは、あたりまえなのかもしれませんが、
生徒さんに対して

「勉強がんばりましょう!」的なことをよく言っていました。

でも実は、そう発信しながら、

する人はするし、しない人はしない、
と思っていたんです。

結論的には、英語に限らず何でもそうだと思うんですが、

(特に)大人が何かを身に付けようとするとき、
自立ラーナー(学習者)にならない限りは、学びは進まないと思ってるんです。

講師がいくら手を尽くしても、
どれだけ良い教材があっても、

最終的には、学習者の自立性に委ねるしかない。
学習提供者としてはある種の無力感も感じていました。

英語学習が好きでない人が、どのようにして
英語学習に 前向きに取り組めるようになるのか?

これは、ぼくがずっと持っていた疑問でした。

そして数年前、その疑問へのひとつの答えを発見したので、
あなたに情報をシェアしたいと思います。

こんな記事を見つけたんです。

イギリスのニューカッスル大学が発表した記事です。

It’s official: Learning languages makes you smarter

http://www.ncl.ac.uk/press.office/press.release/item/it-s-official-learning-languages-makes-you-smarter#.URCeMfJKSgQ

ぜひ読んでみてください。

簡単にいうと、

「なぜ、好きでもない英語を勉強しないといけないのですか?」

「それは、頭がよくなるから!!
終わり!!」

いかがでしょうか?

半分冗談のように聞こえるかもしれませんが、
これでモチベーションが上がる人は絶対いると思うんです。

少なくとも、それだけで完結して、それをすることで他に
なんの進展もない「脳トレ」をするよりは、

英語学習をしたほうが、(当然)英語力も身につくし、
脳トレにもなるわけですから。

英語学習は、一石何鳥になるでしょか?

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「 こんな人は上達が早い。~通じる英語の喜びと快感を!~」
http://englishltd.com/learing-method/mindset/26112012-1203.html

*最新記事の読みのがし防止!
「いいね!」をプッシュ!“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、
以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

スポンサードリンク