この発想で、英語学習の壁を超える!―斬新な英語の評価基準とは?- - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

この発想で、英語学習の壁を超える!―斬新な英語の評価基準とは?-

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

英語学習がうまくいかない、
英語学習が面白くない、
英語力がなかなか伸びない、
とお感じのあなた、

「英語学習」や「英語を使うこと」を、”英語の問題を解くこと”と、
意識的、無意識的に捉えている可能性があると思います。

学校機関での教育システム上の評価や、
TOEICなどの英語試験においては、それは正しいのですが、

それはもちろん、英語学習、英語能力のほんの一つの側面にしか過ぎません。

英語というのは、
純粋には、言語であり、コミュニケーション手段であって、
テストの対象のための英語というのは、誰かの都合で勝手に作られた、数ある中の側面のほんの小さな1つに過ぎません。

テストの結果がその人の英語力すべてを表すような風潮がありますが、

それは、何というか、

大阪人はみんな阪神タイガースファンだと断定しているのと同じくらい、
乱暴な考え方であり、違和感です(笑)

結論的には、

英語力というのは、細かな正解、不正解で語られるべきものではなく、
学習者1人1人が、自分の英語ゴールにどれだけ近づいたか、
そんな個人的で、繊細なものだと思っています。

ちなみに、ぼくの英語力というのは、
コミュニケーション力が向上したか、そうでないか、です。

だから、自己評価でそこが向上している、と感じられるのであれば、
仮にTOEICの点数が下がってもOKなんです(笑)
(ぼくは最近はTOEICは全然受験していませんが)

もうひとつ、例えば、

問題に全然正解できずに、学習が投げやりになっているあなたは、
正解・不正解にフォーカスせず、
純粋な、インプット、アウトプットの量にフォーカスするのはいかがでしょうか。

ぼくは、後者の方が英語力は断然上がると身を持って感じています。

英語で取材の仕事などもしてるのですが、
仕事が終わった時に気になることといえば、

あ~、あそこの時制は過去だった、とか、あそこはaではなくtheだったとか、
テストでは確実に不正解になる部分ではなく、

あの時、インタビュイーにもっと気持ちよく語ってもらうためには、
あのタイミングであの単語を挟めばよかった、とか、
あそこのタイミングで笑顔を入れたのはよかった、

とか、”英語を介してのコミュニケーション”の部分なんです。

仕事の後、インタビュイーに、
「きみ、あそこ、主語が抜けてたから、落第」
とか
「三人称のs、つけるの忘れてたから減点ね」
といわれたことはもちろんありません。

文法をおろそかにしよう!と自己弁護しているのではなく、
(正しい英文を話すのに越したことはもちろんないです!)

英語学習を、正解、不正解だけで捉えるのは、紙の上だけの話で、
現実的ではないと思っているだけです。

英語力は、自己評価と、そして、
インプット、アウトプットの量と質で評価するべきだと思います!

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「英語に振り回されない自分を作る方法」
http://englishltd.com/learing-method/mindset/31102012-1124.html

*最新記事の読みのがし防止!
「いいね!」をプッシュ!“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

【川合が効果を実感した、おすすめ英語学習教材】
アルクさんの通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」です。

スポンサードリンク