クイズ:世界で外国語(英語)習得を最短でできるのはどんな種類の人でしょうか? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

クイズ:世界で外国語(英語)習得を最短でできるのはどんな種類の人でしょうか?

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

先日、お仕事関係で、ある男性と会いました。

その方は、世界の諸問題の解決を啓蒙する活動を
世界規模で大々的に展開されている大きな団体の代表の方です。

その会合の際、ふとこんな質問を頂きました。

Tさん:「川合さん、 世界で一番英語、
又は外国語ができる種類の人ってどんな人かわかる?」

川合:「え~、そうですね~、 国際結婚してる人ですか?」

Tさん:「ははは、ま~、それもそうやけど、正解は、”難民”」

難民か、、、なるほど!!
と思いました。

世界を(しかも紛争地域など、政治的問題がある地域)
飛び回っていらっしゃる彼の経験上、
絶対的にそうなんだそうです。

難民の人々は、それこそ、今いる場所の言葉がわからないと、
生きていけないという状況にもなりえるので、
切実度が違う、とTさんはおっしゃいました。

ということで、
彼の信じる英語の一番手っとり早い習得術のキーワードは、
1にも2にも、”切迫感!!”

ということでした。

なるほど、火事場の何とか力というのもありますし、
その通りだと思いました。

今後の英語学習に役立つ大きなヒントを得ました。

P.S.
そういえば、ぼくの大好きな映画・小説「青春デンデケデケデケ」の中にも、
受験生の心構えとして、
「”肉切り包丁を持ったおっさんに後ろから追いかけられてる”
くらいの感じで、勉強に励むべし、、、」
というくだりがあったな~。

スポンサードリンク