“寝かす”という発想(英語学習時間について) - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

“寝かす”という発想(英語学習時間について)

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

自然のモノはなんでもそうだと思うんですが、
伸びる・成長・変化、する為にはある程度の時間が必要だと思うんです。

“寝かす”時間が必要だと思うんです。

昨晩まで90センチの身長だった2歳の子が朝起きてきて、
「パパー、天井に手が届くようになったよー」とは言わないと思います。

何でも時間がかかると思うんです。

ぼくの学習経験から断言できるのは、
英語学習も人の成長と同じです。

短期間では伸びなくて当たり前、
でも、コツコツやった時間は必ず報われる。
いつか花が咲くものだと思います。

普段からコツコツ時間をかけている方だけが、

「聞き取れるようになった!」

「口から英語がスラスラでるようになった!」

「あの単語がはっきり発音できるようになった!」

という、ある種、瞬間的な経験をされた方も多いと思います。
花が咲いた瞬間だと思います。

それは瞬間的な体験ですが、それの後ろにはもちろん、
時間と労力(努力と言い換えてもいいかもしれません)が
必ずある。

耕して、種を蒔いて、水をやって、寝かして、
幾つかの季節を経て、初めて芽が出るんだと思います。

東京から大阪まで1分で行ける時代になっても、
そこのところは変わらないと思います。

英語学習だけでなく、身の回りの事すべて、
毎日コツコツと種を蒔いて、水をやって、
それから寝かせて、気長にやっていくのが自然なのかな、
と思います。と、自分に言い聞かせてます。

P.S. アルクさんの「1000時間ヒアリングマラソン」「English Journal」
はぼくが相当お世話になった素材。
しっかり時間をかける、しっかり伸ばす、という当たり前の事をしっかり伝えてくれるのがありがたいです。

スポンサードリンク