“昔の英語”と、“今の英語”を混同するな! - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

“昔の英語”と、“今の英語”を混同するな!

スポンサードリンク

大人になってから英語学習を“再開”する人の為のコラムです。

大人の英語学習者と接していると、
英語学習が全く自由ではない、と感じるのです。

受験勉強の呪縛に囚われて、“英語とはこのように学習しないといけないもの”
という風に、考えが凝り固まってしまっている。

そもそも学習とうのは、人の数だけ千差万別なはずなのに、1つの狭い”英語受験学習”のみに囚われている不自由さ。
大人の英語学習が上手くいかない原因はこの辺にもあると思っています。

学校英語(つまり受験のための英語)と、今自分が必要としている英語(リアル社会で使われている英語)を混同してしまっている、

言い方を変えると、学校英語学習と、大人の英語学習を混同してしまっているのです。

英語は英語に違いありませんが、学習のベクトルが全く違うのです。
極論、受験英語はあくまで、テストで点を取るためだけの英語なんです。

堅苦しく考えずに、大人なんだから、自分で工夫して、
出来るだけ自分の興味に即した形で英語に触れた方が、
絶対長続きするし、英語力も結果としてつくのです。

英語学習=単語暗記、文法演習、間違わずに穴埋めする

ではなく、(それが好きで仕方ない人以外は(笑))

例えば、
英語学習=趣味(仕事)のための情報収集

でやった方が、良いということです。

学生の時は、
英語学習=“いやいや”“やらされ感”“苦痛”
だったとしても、それは受験英語だけの話であって、

大人の英語学習とは何の関係もない、という風に頭を切り替えた方がいいでしょう。

冒頭の1文に、あえて、”再開”と記しましたが、実は”再開”は正確には正しくありません。
過去の学習に引きずられた”再開”ではなく、全く新しいアプローチで新しいコトを学ぶつもりで、
英語を”開始”した方が、上手く行くと思います。

大人の英語学習は、出来るだけ楽しく、出来るだけラクに、がキーワードです。

楽しくラクに学習をするためには、自らの工夫が必要です。

学習自体に努力するのではなく、ラクするための工夫に努力してみてはいかがでしょうか?

大人なんだから。

スポンサードリンク