日本語を介して英語を学ぶ時のワナについて - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

日本語を介して英語を学ぶ時のワナについて

スポンサードリンク

英語を学ぶ時、シンプルに考えれば考えるほどうまくいくと思います。

例えば、

英語がわかる、話せる、という状態は、言い換えれば、

その英語を”知ってる”という状態なんです。

”理解してる”ではなく、”知っている”状態です。

犬を対象に、「What’s this?」と尋ねられた時、

“Dog”と答えられるかどうかは、その単語を知ってるかどうか、
それだけのことで、

1.なぜ、Catではないのか?
2.なぜ、DとOとGで、ドッグと発音するのか?
3.Dogという単語の由来は?

といったような情報は、はっきりいってどうでもいいと思いませんか?
ぼくは、どうでもいいと思っています。

普通の英語コミュニケーションにおいて、上記の1~3のような情報は、
知ってても何の役にも立たないと思います。

分かりやすいように、一番シンプルな例を出しました。

でも、実は、とっても多くの人は、

犬という動物を見てDogと言う”だけ”、それを覚える”だけ”の学習を、

1~3を学ぼうとすることで、異常に複雑にしている傾向があると思います。

考え方として、1~3の情報というのは、それ自体が主ではなく、

“犬を見てDog”が自分の中に落とし込めない時の補助情報だと思うのです。

“犬を見てDog”で事が足りるなら、その他の情報は要らない。

その英語を聞いて(ある程度)理解できる、

(ある程度)自分の意図を英語で表現できる、

それが目指すべき姿であるとき、そしてそれが出来ているのであれば、

至極当たり前の話ですが、その英語を文法的に日本語で解説できなくてもいいんです。

英語学習のアプローチとして、全部理詰めで理解しようとするのではなく、

”よくわからないけど、そういうものなんだと受け入れる”

姿勢の方が、何十倍もうまくいく、と自分の経験から自信を持っていえます。

パソコンを使うのに、パソコンの構造を知らなくてもいい、という論理ととてもよく似ています。

学校英語教育の基本である、”英語を日本語で解説する”という事自体を否定しているのではく、

それは、あくまで、純粋な英語理解の補助でしかありえない、といことを強調したいのです。

なぜなら、まだ日本人の多くが、日本語での英語解説が、英語を学ぶ上であたかも一番重要であるかのような錯覚をしていると思うからです。

何回も同じことを書きますが、

英語は解説するものではく、そのまま受け入れるものです。

今後あなたが、理解できない英文に出会った時の一番おすすめの対処法としては、上から重要な順番で、

1.それがわからなくても事が足りるのであれば無視

2.日本語訳を参考にして、”日本語文:英文”、という文単位の意味で頭に入れる。
英語では、こんな時にこう表現する、そんなもんなんだ、と受け入れる。

3.2の方法を試して何となく自分の中に落ちない場合、文法解説を読む。
その時の意識は、文法の機能を理解するよりも、文の意味を理解する事の方に重きを置くようにする。

英語コミュニケーションの学習アプローチは、英語筆記試験勉強のアプローチとは
根本的に違うものであると、捉えた方がいいでしょう。

スポンサードリンク