学習効率をアップ!英語に触れる時のちょっとしたコツ - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

学習効率をアップ!英語に触れる時のちょっとしたコツ

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

英会話力アップの為にぼくが常に心がけていること、
それは、受動的に英語を受け止めるということ。

ナゼ?どうして?は一切排除し、
まずは一旦とにかく、あるがままに受け止める。

こういうシチュエーションではこのように発言する。
細かな理由は一切追わない!

日本語脳(そういうものがあると仮定して)
と関連して英語脳を作るのではなく、

全くサラから英語脳を築いていくイメージです。

真っ白のキャンバスに、インプットした英語を
そのまま描いていく。

日本語ですでに真っ黒になったキャンバスに
英語を描かない。

英語という異質なものを受け入れる、というネガティブな
メンタルブロックを全部外して、
そのままダイレクトに受け入れる。

ぼくは、成人学習者であっても、
子どもが言語を学ぶ過程に非常に大きなヒントがあると思っています。

言葉をどんどん吸収してアウトプットしている過程の
2,3歳の子供が、親に向かって、

「ちょっと、お母さん、
今おっしゃった日本語を文法的に解説してくださいますか」

と言うでしょうか?

子どもは、とにかくまっさらな気持ちで言語を受け入れるから、
それだけ吸収も早いんだと思います。

少々極端かもしれませんが、
ぼくはこの発想・態度で英会話力を伸ばしてきましたし、
今後もそのつもりです。

まあ、時と場合によっては文法学習ももちろんとても大切なんですけどね。

ぼくの場合、文法は自然な理解を助ける“補助”、
主体がありきの、あくまで“補助”と捉えています。

P.S. 心がガチガチに固まってしまった大人の人でも(笑)、
絵本なら素直に英語を受け入れられるかもしれませんね。

ぼくの大好きな絵本作家、Todd Parr。
その中でも好きな作品、”It’s Okay To Be Different”
超名作です。

スポンサードリンク