あなたは大丈夫?非効率な英語学習法について - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

あなたは大丈夫?非効率な英語学習法について

スポンサードリンク

こんにちは。

 

英語学習は時間の蓄積が1番の重要事項、ということを踏まえた上で、

 

それでも効率の良い学習、そうでない学習というものがあります。

 

今回はそれについて。

 

効率のよくない学習の代表的な例として、

(このカテゴリーに属する学習者は非常に多いと感じていますので、

是非しっかり読んでください!)

 

目標に対して意識的に、明確な学習をしていない学習態度。

 

これは非常に効率がよくない。

 

例えば、

 

「旅行英会話を身につけたい」のに、

“とりあえず単語本を1から覚えてます”

 

とか、

 

「映画を字幕なしで見たい」のに、

“とりあえず文法を1から”

 

とか、

ぼくもそのような傾向があったので書けるのですが、

そんな態度の学習者が非常に多い。

 

目標に対して学習が、意識的に一直線ではない、ということです。

 

寄り道しないのが絶対的に悪い、という話ではなくて、

1つの学習態度としてご参考にされてください。

 

のらり・くらり、目的もなく

英語学習を続けているのも、100%ありだと思うからです。

 

ここで論じているのは、

なるだけ短期間で明確な目標達成したい人に向いている方法です。

 

やり方としては、

 

①まずは、より明確に達成目標を決める。

 

②それに直結する学習を決め、実行する。

 

非常に単純ですが、

気をつけないといけないのは、

 

「語彙」と「文法」学習をどうするか。

 

よほどの初級でない限り、目標に直結するための学習がありきで、

それに付随する形で、

”必要が生じたときだけ参照する”というやり方が正解です。

 

明確な目標がある場合、「とりあえず語彙」、「とりあえず文法」の発想は、

完全なる遠回りです。

 

少なくともぼくは、何かをやりながら、

それに付随する語彙・文法を学習してきました。

 

学習のプライオリティを気をつけないといけない。

 

語彙力、文法力は、

目標に向かってする学習が生み出す“副産物”であるという考え方です。

 

 

*同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
「英語理解に大切なのは知識か、それとも・・・?」

http://englishltd.com/learing-method/mindset/24122012-1331.html

 

最新記事の読みのがし防止!
「いいね!」クリック!

“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
http://www.facebook.com/englishltd1

 

 

*「この記事を読んでよかった!」と思ったあなたは、

以下にある、ツイッター、フェイスブックなど、どれかのボタンをプッシュ!プリーズ!

 

スポンサードリンク