英会話学校のかしこい利用方法 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

英会話学校のかしこい利用方法

スポンサードリンク


英語を話してみたいと思ったとき、

多くの人の頭に浮かぶのは、

 

「英会話学校に通う」というチョイスだと思います。

 

今回は、英会話学校の利用方法を書いてみます。

 

 

まず前提として、

英会話学校に通う‘だけ’では英会話は思うように上達しない。

というのは往々にして事実なんです。

 

それは、

時間の量の問題として、

仮に英会話に週2回、通っているとしましょう。

 

それぞれ50分ずつ、週100分、月では約4時間半ほどです。

 

そのペースで考えると、年では約50時間ほどに成ると思います。

 

 

みなさんはこの数字、どのようにお感じになりますでしょうか。

 

 

よく言われる事ですが、

英語の音を聴き取れる耳を育てる為には、個人差もありますが、

おおむね、英語を700時間前後聴く必要があるといわれています。

 

 

50時間と700時間、前者は学習時間として、

明らかに短いと言う事がお分かりいただけると思います。

 

では、

英会話学校に通う事は全くの無駄なのか、

 

そんなことはないと思います。

 

 

まず、基本的に‘通うだけ’では、

英会話を身につける時間として

 

圧倒的に足りないという認識が

大切だと思います。

 

つまり、第1の鉄則として、

 

英会話学校は普段の自己学習の実践の場

 

としてとらえるべきだと思います。

 

 

自己学習なしで英会話学校に通うことは、

練習なしで、少ない数の試合をし続ける

ようなものだと思います。

 

思うような上達は望めないでしょう。

 

普段の自己学習のモチベーションとして

英会話学校を利用するんです。

 

会話であれば、

 

これだけ練習したから今日はこれだけ実際に話せた、

 

とか、

 

あれだけ練習したのにあまり実践で話せなかったとか、

 

どちらにしても、

そういう、日々の鍛錬のアウトプットの場があるということは、

 

学習者にとって、何者にも代え難い貴重なモチベーション源に

なると思います。

 

又は、他の学習者と積極的に交流する事でも、

モチベーションを維持するのに役立つでしょう。

 

まとめると、

英会話学校は、自己学習ありきで利用した方が、

費用対効果が全然違ってくると思います。

スポンサードリンク