良い英語(英会話)講師の見分け方 - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

良い英語(英会話)講師の見分け方

スポンサードリンク

カフェにいると、英語ネイティブの人と日本人が、
英会話レッスンらしきことをしているのに出くわすことがあります。

あと、最近ではオンラインレッスンも盛況を極めていますよね。

一昔前までだったら、国内で英会話の練習といえば、
(ぼくのように)独習で音読などをするか、
又は英会話スクールに通うかの選択肢しかありませんでした。

そう考えると、日本で英語が練習できる環境は益々向上しているといえます。

英会話は英会話の機会が多いほど上達する、というのは一つの真理なので、
そういう意味では、昨今の英会話事情は英会話を上達させたい日本人にとって素晴らしい事だと思います。

しかし、少し視点を変えてみると、今の英会話の状況は“質より量”だともいえると思います。
(質は昔から変わっていないと思います。つまり昔は質も量も足りてなかった)
量をこなせば英会話は何となる、というのはその通りなのですが、
それは講師の最低限の質があって始めて成立するものだと思っています。

では、英会話(英語)講師の最低限の質とは?

講師と生徒のレッスン中の発話量がキーになります。
ある意味、講師は生徒の“練習台”なわけですから、
その講師の発話量の方が生徒より多いというのは、話になりません。

最低でも5:5。
個人的には、講師:生徒、3:7位が
会話練習の効率を考えると最高のバランスだと思っています。

とは言っても、生徒が初心者の場合、語彙の説明などでどうしても講師の発言が多くなる、
と思われるかもしれませんが、良い講師は適切に説明できるので、
必ずしも発言量は増えません。
それに、くどくどと語彙の説明をすること自体、
英会話レッスンの学びという点で、
あんまり時間帯効果が高くない、というのも良い講師はわかっているはずです。

いかがでしょうか。
あなたの先生は大丈夫ですか?

さて、上記はNG例ですが、

ここからは、
なくてもまあ仕方ないけど、講師としてあったら良い資質について書いてみます。
講師を選ぶとき、
以下に当てはまる数が多ければ多いほど良い講師の可能性が高いと思います。

●【2か国語以上話せる(又は第2言語を学習中)】

これは実はとても重要なポイントです。
外国語を学習する時の悩みとか大変さって、それを経験した人しかわからないんですね。
ですから、その経験がある人というのは、
意識的にも無意識的にも、学習者に対してリスペクトがあるんです。
どう転んでも、“そんな簡単な事もしゃべれないのか”みたいな、上から目線にはなりえません。
自分が通った道だから。
それに、すでに何か国語かを話せる人なら、
その人なりの学習ノウハウもあるはずなので、
それを伝授してもらうのもとてもためになると思います。

●【どうすれば外国語を話せるようになるか、自分なりの意見を言える】

語学講師の仕事に対して、最低限の熱意があるかどうかが、
この質問への答えでわかります。
判断の仕方は簡単で、それが間違っている、正しいではなく、
しっかり自分の意見を言える人は、曲がりなりにも講師としての自覚があるといえます。
逆に、そうでない人は、片手間に講師の仕事をしているというのが透けて見えますので、
講師としては不適任ですね。

●共通の趣味がある(話していて楽しいかどうか)

色々御託を並べましたが、実はこれが一番重要かもしれませんね(笑)
好きな先生なら、仮にレッスンがとっても酷いものであったとしても、
生徒が「あの先生ともっと話したい!」というモチベーションを持って、
自己学習に励めば、相対的にはその人の英語力はグンと上がるでしょうから。

いかがでしょうか?

どんな形であれ、英会話レッスンを現在受けられているあなた、
今後の事として検討中のあなた、

そんなあなたのご参考になったなら幸いです。

スポンサードリンク