【海外ニュース】“シャーロック”カンバーバッチの意外な弱点とは? - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

【海外ニュース】“シャーロック”カンバーバッチの意外な弱点とは?

スポンサードリンク

英ハフィントン・ポスト紙のニュース記事からお届けします。

記事タイトルは

「Benedict Cumberbatch Reveals He Has A Failing… Yes, Really! The ‘Sherlock’ Star Has An Achilles Heel, It Seems…」

【概要】

英BBCドラマ「シャーロック」で大ブレイク、今夏公開予定の超大作映画「スタートレック・イントゥ・ダークネス」でも準主役をつとめ、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの英俳優ベネディクト・カンバーバッチ。先日の取材で自分の弱点を暴露した。

実は記憶力が悪く、自分のセリフがなかなか覚えられず、いつも大変苦労するのだとか。
本人曰く「本当に覚えられないんだ。とても恥ずかしいよ。子どもの頃から、記憶力が悪くてね。学校のフランス語でも単語を覚えるのに人の2倍の時間はかかったもんだよ」

しかし売れっ子スターはそんな弱点にはへこたれず、どんどん仕事をこなしている模様。
待望の「シャーロック」第3シーズンも年末には見られそう。

【記事に出てくる よく使う、知っておくと便利 英語単語・表現】

Achilles Heel:弱点

Admit〜:〜と認める

Find A+形容詞: Aを(形容詞)だと思う

embarrassing: 恥ずかしい

poor〜: 〜の乏しい

whiz: 突っ走る

get in one’s way: (だれだれ)の邪魔になる

この記事に興味がわいたあなたは、是非、原文を読んでみましょう!

こちらのリンクから。
http://www.huffingtonpost.co.uk/2013/05/29/benedict-cumberbatch-failing-sherlock_n_3352799.html

同じテーマで書いた人気記事です。こちらもお読みください。
苦手克服は非効率?—ハリウッドセレブニュース、ゴシップで英語力向上!—

*英語力アップの耳寄り情報更新中!
“できる!英語学習 究極のヒント”公式FBページ。
「いいね!」クリック!

http://www.facebook.com/englishltd1

スポンサードリンク