カラオケで盛り上がる人気の洋楽定番 この5曲 -歌えば英語もうまくなる!- - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

カラオケで盛り上がる人気の洋楽定番 この5曲 -歌えば英語もうまくなる!-

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

伝わる英語を話すには、文法や構文、ボキャブラリー以前に
大切な事があると思います、

それは「抑揚」。

「英語発音」という言葉の意味には、
たくさん要素がつまっています、

単語のそれぞれの細かい音(母音、子音)
単語どうしがつながる音、
音の高低

その他もろもろ。

その中でどれが一番大切か、と問われた時、
(まあ、どれも大切なのですが)

ぼくの答えは、「抑揚」です。

抑揚は、音楽でいうと、メロディーの部分ですね。

音楽にメロディーがなくなると、
詩の朗読という、全く違うものになってしまいます(笑)

「伝わる英語」という意味では、
英語もそれと基本的には一緒だと思います。

抑揚がないと、英語であって英語でない、そう思います。
伝えるためには、きっちりメロディー(抑揚)をつけるのがとても大切。

では、どのようにしてその英語独特の抑揚(そして、他の発音のスキルも全部)
を練習することができるのか?

1つのとってもいい方法が、「洋楽を歌う」ことなんです。

というわけで、
前置きが長くてすみません(笑)

以下、

「できる!英語学習 究極のヒント」調査の、
独断と偏見の、

「カラオケで盛り上がる人気の洋楽定番 この5曲」です。

Green day “Minority”


*だらっと歌うのがポイントです。難易度は高め。

Copacabana コパカバーナ/ バリー・マニロウ


*全世代対応の名曲!

Queen “Don’t stop me now”


*練習して歌いこなせれば、カラオケヒーローになれること間違いなし。

Harry Belafonte “Banana Boat Song”


*全世代対応の、盛り上がりは必至!

Oasis “Live forever”


*外国人の友達とカラオケに行く時の選曲として、間違いないのはオアシスです。

チャレンジできそうな曲はみつかりましたか?

あなたの定番洋楽カラオケも教えてください!
*メッセージはFB、Twitter経由でお気軽に。

【洋楽カラオケ練習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB 】

スポンサードリンク