カラオケで盛り上がる洋楽の定番!ワンダイレクション(one direction)のWhat Makes You Beautiful! - できる!英語学習 究極のヒント

できる!英語学習 究極のヒント

 日本で独学でバイリンガルになった著者が、自身の豊富な経験を元に、英語学習に役立つヒントをシェアしています
スポンサードリンク


ソーシャル



公式フェイスブック交流ページ

著者紹介


川合 亮平 Ryohei Kawai
ロンドン・東京在住の
フリーランサー。
国際ジャーナリスト、通訳者
メディアコーディネーターとして、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ
メディアで精力的に活動中。

大阪弁とイギリス英語の
バイリンガル。

インタビュアーとしては、
ハリウッド映画「ホビット」主演、BBCドラマ「シャーロック」
のワトソン役では英国アカデミー賞を受賞した
マーティン・フリーマンをはじめ、全英アルバムチャート1位を
獲得したエド・シーラン、アークティック・モンキーズ、
キャサリン・ジェンキンスなど、UK出身のミュージシャン・俳優
への英語インタビューを多数手がけている。
ロンドン五輪の現地取材も慣行。

高校時代の英語の成績は、
学年480人中478位の
落ちこぼれながら、
20歳から国内英語独習を
本格的に開始し、
現在の英語力に至る。

著書は、
『イギリス英語を聞く
The Red Book』
(コスモピア株式会社)
など。そのほか、月刊誌
『The English Journal』
(アルク)や季刊誌
『AERA English』
(朝日新聞社出版)
への寄稿も多数。
ブログ:ameblo.jp/ryohei-kawai-blog
ツイッター:@ryoheikawai

カラオケで盛り上がる洋楽の定番!ワンダイレクション(one direction)のWhat Makes You Beautiful!

スポンサードリンク

こんにちは、川合亮平です。

今現在、英語がある程度出来る人(主観でも客観でも)、
ぼくはこれまで沢山そのような人に出会ってきて、
それらの人々の共通点がいくつかあると思っています。

その1つは、
英語への入り(または熱中したの)が、勉強としての英語ではなく、
文化に触れるために英語に(自然)に触れた。
ということ。

文化って書くと少し硬いイメージがありますが、
アイドルを含むポップカルチャーも立派な文化です。

例えば、ビートルズがいなかったら、
マイケル・ジャクソンがいなかったら、
世界の英語話者人口は今とは比べ物にならないくらい、少なかったはず、
それがぼくの持論です。

前置きが長くなりましたが、

今現在、世界へ羽ばたく英語話者をしっかり育ててくれているのが、
彼ら、現在日本の中高生の間で人気急上昇中のイギリス出身、
ボーイズ・バンド、ワン・ダイレクションです。

こちらの曲は、キャッチーでハッピーで、英語もとっても簡単、
老若男女、カラオケで盛り上がること必至です。

One Direction – What Makes You Beautiful

しっかり練習して、カラオケヒーローになってください。

洋楽を聴いて、歌うと、
英語の発音がとびきりよくなりますよ。

この曲を上手く歌うポイントは、

1.冒頭は、リラックスした感じで、語りかけるように感情をこめて歌う

2.サビで一気に感情を弾けさせる

3.やさしい内容の歌なので、“そのままの君で大丈夫だよ”という感情をこめて全体的に笑顔で歌う

ちゃんと歌えればかなーりカッコいいですよ。
是非しっかり練習して、英語も歌も上手になってください。

ワイダイレクションの最新セカンドアルバム、
Take me home【テイク・ミー・ホーム】
世界中で絶賛の嵐。
今、世界で一番熱いアイドルの勢いがそのまま詰まった1枚。
ハッピーになれます。

コンサートDVDを見て動作も真似れば完璧です。

【カラオケ練習にも効果を発揮!キンドルKindle Fire HD 32GB 】

スポンサードリンク